【留学するなら一度は訪れるべき】メジャーリーグで盛り上がる街トップ5 by 留学広報部

このページが気に入ったら→ 

留学広報部 第9回目!

みなさん、こんにちは!【活きた留学情報】をお届けする留学広報部のマーボーです!

暑かった夏も過ぎ、ようやく秋になりましたね。

秋といえば、読書、食欲、そしてスポーツですね!

そんなワケで、今回の僕のイラストもスポーツ風に仕上がっていますw(゚∀゚)w

※僕のイラストは毎回イラストレーターN川さんの気分(?)によって変化します。詳しい事情はコチラから⇒ 留学広報部 第一回

もう、おわかりかと思いますが今回のテーマは「スポーツ!」それも野球です(^^♪

それでは早速まいりましょう!今回はメジャーリーグで盛り上がる街をご紹介!

観戦に行ってみたい!メジャーリーグ球場のある街 トップ5

アメリカで絶大な人気を誇るスポーツといえば、「野球」。メジャーリーグ(MLB)を観戦するためにアメリカを訪れるなら、みなさんはどんな街に行ってみたいですか?

有名スポットがあれば、野球観戦だけでなく観光も満喫できて一石二鳥です。今回は、メジャーリーグ球場があり、観光地としても魅力的な都市のなかから、おすすめトップ5をご紹介します。

5位 美しい球場や観光を満喫、サンフランシスコ

まず第5位は、アメリカ西海岸サンフランシスコ。ジャイアンツの本拠地球場であるAT&Tパークは、球場のデザインが美しく、サンフランシスコ湾を見渡すこともできます。メジャーリーグのスタジアムのなかでも評価が高く、一見の価値ありです。

また、サンフランシスコは気候が温暖な港町であり、シリコンバレーがあるIT都市としても知られています。

さらに、ゴールデンゲートブリッジやヨセミテ国立公園などの有名スポットも近く、観光にもおすすめです。

4位 ジャズやグルメでも有名、シカゴ


Photo:Rex Hammock

シカゴ・カブスとホワイトソックスという歴史の長い2球団を持つイリノイ州シカゴ。シカゴ・カブスのホームグラウンドであるリグリーフィールドは1914年創業で、伝統ある球場として知られています。

今や名物となっているフェンスは煉瓦(れんが)造りで、ツタで覆われています。


Photo:jimcchou

打球が勢いよく当たってもこのツタが緩衝材になっているでフェンスが崩れることはないのだそう。また、球場の周りには昔ながらの家並みが広がるなど、風情ある趣が感じられるでしょう。

シカゴは、ジャズやブルースなどの音楽の都としても知られています。また、グルメでは「ディープディッシュピザ」という深いタルト型で焼かれたシカゴ風ピザも人気があり、音楽とグルメを同時に楽しめる街です。


Photo:Phil Denton

3位 MLB最古の球場を持つ文化都市、ボストン


Photo:BuzzFarmers

ハーバード大学やMITといった有名大学をはじめ、100以上の大学がある文化都市ボストン。「赤い靴下」で有名なレッドソックスが誇るフェンウェイパークがあります。


Photo:Mike Burton

1912年開業というMLBで最古の球場であり、チームにも長い歴史があることから、熱狂的なファンが多く、特に昔からのライバルチーム、ヤンキースとの対戦ではチケットが高騰するそうです。


Photo:Rob Young

ボストンは、アメリカ独立戦争の舞台にもなった歴史深い都市でもあります。植民地時代のヨーロッパ風の建築物と新しい街並みが美しい調和をみせ、観光名所も多数あり、街歩きにおすすめです。

2位 歴史あふれる球場からの絶景が美しい、セントルイス


Photo:Keith Allison

ミズーリ州のセントルイスにあるチーム・カージナルスは、ワールドシリーズ制覇回数が11回と歴代2位を誇ります。そんな記録を持つこのチームには、熱狂的で知識豊富なファンが多いため、観戦も盛り上がります。


Photo:Valerie

ホームグラウンドのブッシュ・スタジアムは、壁に歴代チームのロゴが飾られ、球場周辺には歴代名選手の銅像やモニュメントが並んでおり、カージナルスの歴史に触れることができます。


Photo:Ron Cogswell

かつて西部開拓時代に、西へ向かう開拓者の出発地点としてにぎわったセントルイス。その歴史的出発点を記念してつくられたのが、セントルイスのシンボルである「ゲートウェイアーチ」。スタジアムから見渡すことができ、その眺めは最高です。

1位 だれもが心躍るNo.1都市、ニューヨーク


Photo:Keith Allison

言わずと知れたファッションと文化の中心地、ニューヨーク。過去にはイチロー選手が所属し、現在では田中将大選手が活躍する(※2015年現在)ヤンキースは、ワールドシリーズ制覇記録としては歴代1位で、常にスター選手を揃えています。


Photo:Shinya Suzuki

マンハッタンの北に位置する新ヤンキースタジアムは、1923年にオープンした旧スタジアムのデザインからヒントを得て建設され、2009年に開場。併設されたミュージアムも楽しめるので、試合前に覗いてみたい場合は時間に余裕を持って出かけるとよいでしょう。


Photo:m01229

試合終了後に流れるフランク・シナトラの「ニューヨーク・ニューヨーク」を聞けば、野球初心者でも心が躍ります。一度は訪れる価値がありですね。

野球観戦も街の観光も楽しもう

野球好きでも、そうでなくても、ご紹介した5つの都市なら野球観戦だけでなく街の観光も楽しめるでしょう。

トップ5以外の都市、例えば現在イチロー選手が在籍する(※2015年現在)マリーンズのあるフロリダ州マイアミなら、トロピカルなムードで伝統的な野球都市とはまた違う雰囲気が味わえます。

さまざまな角度から楽しめるメジャーリーグ球場、ぜひ一度足を運んでみてください。

ライター:マーボー
※いいねやシェアで超喜びます!

第10回へ・・・つづけ!

 

つづいた!!!
留学広報部 第10回 ダンスパフォーマンス全米No.1の日本人をご存知ですか? by 留学広報部

過去記事



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求