カテゴリー: 高校留学全般 

高校留学するのに「なんとなく」という理由ではダメでしょうか?

アメリカの高校に留学したいと漠然と思っていますが、はっきりした強い目的があるわけではありません。それでも留学してもいいのでしょうか?


本当は何をしたいのかわからない、というのが多くの人の本音です。安心してください

高校留学にあたって、はっきりした目的意識がなければならないということはありません。実際のところ、本当は何をしたいのかわからないというのが、多くの留学生の本音です。

まだ10代なのですから、むしろある目的意識にしばられすぎないほうがよいとも言えます。社会の情勢にしても、何年かたてばガラリと様変わりする可能性があります。

高校留学をして、自分が本当にやりたいことを見つけだすかもしれません。高校で見つけられなくてもかまいません。アメリカの大学は「自分探しの場」といわれますから、大学生になってから本気になって自らの道を探りはじめても遅くありません。

「目的がないこと」はそれが本音であっても何も悪いことはありません。安心して留学に臨んでください。
このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの私立高校には、裕福な家庭の子どもたちばかりが集まるのでしょうか?

アメリカの私立高校の生徒たちは、裕福な家庭の子どもたちばかりなのでしょうか。 回答を見る

Q. 留学先となるアメリカの寮制の高校が、公立高校に比べてすぐれている点を教えてください

留学先となるアメリカの寮制の私立高校は、公立の高校に比べてどのような点ですぐれているのでしょうか。 回答を見る

Q. アメリカの高校では、科目はどのようにして選べばいいのですか?

アメリカの高校では、科目は「選択制」だと聞いたことがあります。実際に留学した際に、どのようにして科目を選べばよいのでしょうか。 回答を見る

» 「高校留学全般」についてよくある質問一覧に戻る