カテゴリー: アメリカの高校 

留学先となるアメリカの私立高校に共通する特長を教えてください

アメリカの高校への留学を考えています。卒業をめざすならば私立高校に留学することになると聞いていますが、アメリカの私立高校に共通する特長を教えてください。


アメリカの私立高校は、たくさんの魅力に満ちています

高校までが義務教育のアメリカでは、公立高校であれば、その学区に住む人はだれでも無料で通えます。それでも私立高校がより長い伝統を誇っているのは、それなりの魅力があるからです。いくつか紹介しましょう。

少人数制の指導:アメリカの私立高校は、少人数制を徹底しています。1クラスの生徒数はだいたい10~12人くらい。これにより、個々の生徒の個性と能力を引き伸ばす教育が実践されています。

教育レベルの高さ:アメリカの私立高校は、そのほぼすべてが大学進学校です。義務教育を終えることを目的とする公立高校に比べて、レベルの高い教育がされています。先生の質も、とても高いのが私立高校の大きな特長です。

フレンドリーなキャンパス:とくに寮制の高校=ボーディングスクールのキャンパスの雰囲気は、とてもフレンドリーでアットホームです。先生やスタッフもキャンパス内で生活するため、一つの大きなファミリーのような仲間意識が育まれます。

課外活動の充実:放課後は、課外活動の時間がしっかり確保されています。とくにスポーツがとても盛んで、施設もびっくりするくらい立派です。文化系の課外活動もバラエティに富んでいて、一人ひとりの生徒がリーダーシップをとれるチャンスが与えられています。

以上に述べたことは、アメリカの私立高校の特長の代表的なもので、実際には個々の学校がそれぞれに工夫をこらして、理想の教育環境を築き上げるべく努力を続けています。高校留学の魅力は、その大きな部分を、この環境のすばらしさに負っているといっても過言ではありません。ぜひチャレンジしてください。
このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. 留学先として、避けるべき高校はありますか?

アメリカの高校への留学を希望しています。高校についていろいろ調べているのですが、あえて「めざすべきでない」高校があれば教えてください。 回答を見る

Q. 高校留学するために、どうしたら両親を説得できるでしょうか?

アメリカの高校に留学したいと思っていますが、なかなか親が賛成してくれそうにありません。どうすればいいでしょうか? 回答を見る

Q. 第一志望のアメリカの高校に落ちてしまった場合、浪人も選択肢になりますか?

アメリカの高校に留学するにあたって、第一志望の高校が不合格になってしまった場合、浪人して再挑戦するという選択肢もあるのでしょうか。 回答を見る

» 「アメリカの高校」についてよくある質問一覧に戻る