カテゴリー: 書類の準備 

高校留学に必要な出願書類のうち「エッセイ」とは何ですか?

アメリカの高校に出願するときに、エッセイの提出が求められると聞いたことがあります。このエッセイとは何ですか?


アメリカの高校への出願書類の一つで、自己アピールするための作文をエッセイといいます

エッセイ(Essay)とは、アメリカの高校が出願者に提出を求める書類の一つで、自己紹介をしたり、その高校に行きたい熱意を伝えるための「作文」です。エッセイは、中学校の成績やテストスコアなど「数字」では表れない出願者の個性や興味を伝えるものとして、アメリカの高校は入学審査において重視します。

それほど長いものではありません。だいたい300~500単語くらいです。トピックは、高校に指定されるか、いくつかのトピックの中から自分で選ぶか、いずれかであるのが一般的です。よく見られるトピックは以下の通りです。

・なぜその高校に行きたいのか
・自分の長所/短所
・その高校で自分が貢献できること
・これまでに経験した、最も重要な出来事
・クラブ活動や趣味について
・尊敬する人物
・将来の夢
・(とくに留学生に対しては)なぜアメリカで学びたいのか

いずれのトピックにしても、アメリカの高校が知りたいのは出願者のユニークな「人間像」です。ユニークとは、突飛な、という意味ではなく、出願者がその出願者でしかあり得ないところの「個性」です。出願する側からすれば、自分の個性をアピールできる最大のチャンスがエッセイにほかなりません。

留学生の場合は、英語力が試されていると思うかもしれませんが、むずかしい単語や表現を使う必要はありません。一般論を述べるのではなく、自分の体験や性格に根ざして、ありのままの自己を誠実に表現し、それを読み手に伝えようという熱意を込めることが大切です。あなたにしか書けないエッセイをめざしましょう。
このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. 交換留学をして、アメリカの高校を卒業できますか?

アメリカの高校に交換留学をして、そのままその高校を卒業することはできるのでしょうか。 回答を見る

Q. 高校留学するにあたって「まずは英語力をしっかり身につけてから」と言われています

アメリカの高校に留学したいと思っていますが、まずはしっかりと英語力を身につけた上で留学すべきだと周囲から言われて、どうすべきか迷っています。 回答を見る

Q. 出願したアメリカの高校から「最初の1年はESLに集中」することが条件として提示されました

出願したアメリカの高校から、「英語力の不足を補強するために、最低でも1年間はESLの科目を集中してとること」を入学条件として提示されました。どういうことでしょうか。 回答を見る

» 「書類の準備」についてよくある質問一覧に戻る