カテゴリー: 卒業後の進路 

アメリカの大学に進学するにあたって、高校留学するほうが有利になりますか?

将来、アメリカの大学への留学を考えていますが、そのために、高校から留学するほうが、大学進学に有利になるのでしょうか。


よい成績を修められるかどうか、によります

アメリカの大学が入学審査において最も重視するのは「高校の成績」です。アメリカの高校・日本の高校いずれにおいても、よい成績を修めていることが、アメリカの大学に進学するにあたってとても重要になります。

そのため、アメリカの高校に行くほうが有利である、とは必ずしもいえません。日本の高校でも、よい成績を修めれば、アメリカの大学に進学する道は大きく開けていきます。

とはいえアメリカの高校(私立のボーディングスクール=寮制高校)は、いわゆる大学進学校ですので、アメリカの高校に留学すれば、アメリカの大学進学のための進路指導は十分に受けられます。その意味では、アメリカの高校のほうが、よりアメリカの大学に行きやすい環境は整っているといえるでしょう。

アメリカの高校に留学するにしても、また日本の高校に進学するにしても、大事なことは、よい成績を修めて、充実した高校生活を送ることです。アメリカの大学は「その環境でベストを尽くす」ことを高く評価します。


このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの高校では、スポーツへの参加は必須なのでしょうか?

アメリカの高校では、スポーツに参加することが義務づけられているのでしょうか? スポーツが得意ではないのでちょっと心配しています。 回答を見る

Q. 高校留学をして、授業についていけるか心配ですが、補習はしてくれるのですか?

アメリカの高校に留学して、授業についていけなくなった場合、補習のようなサポートはしてくれるのでしょうか。 回答を見る

Q. 高校留学をして、英語のハンデが理由で、卒業までの期間が延びてしまうことはありますか?

アメリカの高校に留学して、英語にハンデがあることで卒業までの期間が先に延びてしまうことはあるのでしょうか。 回答を見る

» 「卒業後の進路」についてよくある質問一覧に戻る