留学Q&A(留学の応援課)

編集する

アメリカの高校でとる科目のうち「選択科目」って何ですか?

アメリカの高校では、自由に選択できる「選択科目」があると聞いたことがあります。これはどのようなものですか?

自分の興味に応じて自由に選択できる科目のことを「選択科目」といいます

アメリカの高校を卒業するためには、それぞれの学校が定める必修科目をとらなければなりません。学校によって若干は異なりますが、だいたいは以下の分野が必修科目となっています。
・英語
・数学
・歴史(アメリカ史、世界史など)
・科学(生物学、化学、物理学など)
・外国語
・芸術

これらのほかに、自分の興味や関心に応じて自由に選択できる「選択科目」があります。必修科目と選択科目を合わせて、その高校が定める単位を取得することで、卒業できるということになります。

アメリカの高校は選択科目の数と種類をたくさん設けていますが、とくに充実しているのは芸術系の科目です。ダンスや演劇、ジャズやグラフィックデザインなど、さまざまな科目があります。劇場やスタジオなどの設備もよく整っています。「パフォーマンス」力を養うというのは、アメリカの教育が力を注いでいる一側面としてあります。

ほかにも、コンピュータ系の科目や、環境学やエコロジー、ジャーナリズム、メディア学など、必修科目には含まれない分野を、選択科目として学ぶことができます。

自分の興味や好奇心に応じていろいろな分野の科目を学べるというのは、アメリカの高校の一つの特徴です。また高校留学の魅力でもあるといえるでしょう。




同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの大学の授業で配られる「シラバス」って何ですか?

   回答を見る

Q. アメリカの大学の授業で課される「ペーパー」って何ですか?

アメリカの大学では、ほとんどの授業で「ペーパー」が課されると聞きます。「ペーパー」とはどのようなものなのでしょうか?   回答を見る

Q. アメリカの大学では授業以外で直接教授に質問できたりするチャンスってあるのでしょうか?

   回答を見る

カテゴリー一覧へもどる



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求