留学Q&A(留学の応援課)

編集する

アメリカの高校と日本の高校の授業はどう違うのでしょうか?

アメリカの高校への留学を考えているのですが、授業についていけるかどうか心配です。日本の高校の授業と、アメリカの高校の授業の違いがあれば教えてください。

「自分の意見を言う」のがアメリカの高校の授業です

アメリカの高校の授業と、日本の高校の授業の大きな違いは、アメリカの高校ではつねに自分の意見を発表することが求められていることです。

アメリカの高校の授業では、宿題として読んできた教科書の内容をもとにして、生徒たちがそれについて意見を交わす「ディスカッション」が盛んに行われます。先生は、そのディスカッションの司会進行をつとめます。

自分なりの意見やアイデアを述べ、そしてクラスメイトの意見や考えかたにも耳を傾けるという授業の形式に、最初はちょっと戸惑うかもしれませんが、慣れてくると、とても楽しいものと感じられるはずです。

英語の心配をする人も多いと思いますが、ディスカッションで求められるのは英語力ではなく自分なりの意見や発想ですので、教科書を読んで、それについての意見をあらかじめ考えておいてから授業に臨めば大丈夫。留学生ならではの視点やアイデアは、授業でも歓迎されます。




同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの大学での専攻の決め方はどのようになっていますか?

大学3年次になると、専攻を決めなくてはならなくなるのですが、一度決めてしまうと絶対に変更不可ですか?   回答を見る

Q. アメリカの高校でとる「AP科目」って何ですか?

アメリカの高校には「AP科目」という科目があると聞いたことがあります。これは何ですか?   回答を見る

Q. アメリカの大学のシラバスってどんなものですか? 留学中に受ける授業にどのような役割を果たすのですか?

日本の大学でシラバスと呼ばれているものは講義要綱ですが、アメリカの大学のシラバスは講義要綱と違うのですか?   回答を見る

カテゴリー一覧へもどる



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求