留学Q&A(留学の応援課)

編集する

アメリカの高校の「単位制」とはどういうことですか?

アメリカの高校への留学を考えているのですが、アメリカの高校は「単位制」ということを聞きました。これはどういうことなのでしょうか?

アメリカの高校の単位とは「学習に費やす時間」のことをいいます

アメリカの高校の単位とは、学習に費やす時間のことです。一般的には、「1年度を通じて、ある教科を最低120時間学習すること」で1単位を得られます。

アメリカの高校を卒業するのに必要な単位は18~24単位で、これを9年生(日本でいう中3)から12年生(日本でいう高3)までの4年間で消化します。学習時間数=単位数によって卒業できるので、これを「単位制」というわけです。

日本の中学校を卒業してアメリカの高校に留学する場合は10年生として入学しますので、卒業までの必修単位も1年だけ少なくなりますが、それでもきちんと卒業までに必要な単位を修められるように、アドバイザーの先生と相談しながら、計画的に科目をとっていく必要があります。

アメリカの高校のWEBサイトには、AcademicsとかAcademic Catalogといった項目があって、ここに必修単位について解説されていますので、事前によくチェックしておきましょう。




同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの大学の授業で課される「ペーパー」って何ですか?

アメリカの大学では、ほとんどの授業で「ペーパー」が課されると聞きます。「ペーパー」とはどのようなものなのでしょうか?   回答を見る

Q. アメリカの大学での専攻の決め方はどのようになっていますか?

大学3年次になると、専攻を決めなくてはならなくなるのですが、一度決めてしまうと絶対に変更不可ですか?   回答を見る

Q. アメリカの大学では、なぜ宿題が多いのですか?

日本の大学では宿題など課されることは、あまりありません。アメリカの大学は、なぜ宿題をたくさん出すのでしょうか?   回答を見る

カテゴリー一覧へもどる



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求