カテゴリー: 授業 

高校留学における授業では、1クラスの生徒数はどれくらいでしょうか?

高校留学をすると、少人数制の授業を受けることになると聞いたことがあります。実際には1クラスの生徒数はどれくらいなのでしょうか。


留学先のアメリカの高校の授業は、10~12人くらいの少人数制で行われます

高校留学をして、授業についていけるかどうかを考える際に、1クラスの規模は気になるところです。アメリカの寮制の高校=ボーディングスクールは、少数精鋭をもってその教育の特徴としています。1クラスの生徒数はだいたい10~12人くらいで、宿題(予習)として読んできた教科書の内容をもとに、ディスカッションによって授業が進行します。

少人数制であることのメリットはさまざまです。まず、先生からすると、一人ひとりの生徒の性格や強み、弱点などを把握しやすく、生徒ごとに最も望ましい指導のアプローチをとれることです。またディスカッションでも、出席者すべてに発言するチャンスを与えることができ、それによってディスカッションの内容が充実することを期待できます。

生徒からしてみれば、自分のありのままの個性を先生に理解してもらえますし、先生とコミュニケーションをとりやすいという利点があります。これは留学生にとってはとても大切なことで、落ちこぼれそうになったり辛いなと思ったりしたときに、すぐに相談できる先生がいて、その先生が自分のことをよく理解してくれているというのは、とても安心できることです。

授業では、円形のテーブルを先生と生徒が囲んで座ることもあります。最初はこのような授業形式に戸惑うこともあるかもしれませんが、慣れればやりがいを感じられるはずです。自分の意見を述べ、クラスメイトの意見を聞き、それらについてさらに意見や感想が交わされる、という授業は、とても刺激的で、ダイナミックです。高校留学を経験した人にとって、少人数制の授業はとても印象的で、「よかったこと」の一つとして記憶に残ることでしょう。授業では臆すことなく、積極的に発言しましょうね。
このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの高校で人気の高いスポーツは何ですか?

アメリカの高校生が取り組んでいるスポーツ種目のうち、人気があるスポーツを教えてください。 回答を見る

Q. アメリカの高校のスタッフと、日本で会える機会はありますか?

アメリカの高校への留学を考えているのですが、なかなか渡米してキャンパスを見学しに行くということもできません。日本で、アメリカの高校のスタッフと会えるチャンスはあるのでしょうか? 回答を見る

Q. 日本の中学校ではうまくいかなかったからアメリカの高校に留学する、というのは動機として間違っているでしょうか?

日本の中学校ではいろいろな意味で成果が出せませんでした。このまま日本の高校に行ってもうまくいかないかな、と思うので、いっそのことアメリカの高校にチャレンジしてみたいと思います。このような動機で高校留学をめざすのは間違っているでしょうか。 回答を見る

» 「授業」についてよくある質問一覧に戻る