留学Q&A(留学の応援課)

編集する

高校留学をするにあたって、アメリカの高校が留学生を歓迎してくれるかどうかが気になります

アメリカの高校への留学を考えていますが、アメリカの高校は留学生の受け入れについてどのように考えているのでしょうか。

高校留学生はとても歓迎されます。なぜなら国際性・多様性に貢献するからです

高校留学をしてまず驚くことの一つが、在校生の多様性と国際性です。アメリカの高校、とくに私立の寮制の高校=ボーディングスクールは、国際化に熱心に取り組んでいます。将来のリーダーとなる人を育てることは、アメリカのボーディングスクールにおけるとても大切な教育理念です。そして国際的な視野・価値観、異文化への理解といったいわゆる「国際センス」は、将来のリーダーに欠かせない素質として重視されています。

留学生は、そんな国際化に貢献する存在として、アメリカの高校では歓迎されます。だいたい全校生徒の10~30%くらいを留学生が占めているのが普通です。「キャンパスの国際化」はとくに近年の高校・大学における顕著なトレンドではありますが、アメリカの高校の留学生の受け入れは、かなり長い伝統があります。

たとえばマサチューセッツ州にあるNorthfield Mount Hermon Schoolというボーディングスクールは、1879年の創立ですが、創立当初から留学生の受け入れに熱心です。ほかのボーディングスクールも、いずれも留学生の受け入れ体制がしっかり整っていますし、その指導実績も豊富ですので、安心して高校留学に臨んでください。




同じカテゴリー内の質問

Q. 持病があっても高校留学できますか?

アメリカの高校への留学を考えているのですが、持病を抱えているので踏み切れません。   回答を見る

Q. 高校留学をして、退学になるのはどういうケースですか?

アメリカの高校に留学して、その高校を退学しなければならないのはどのようなケースが考えられますか?   回答を見る

Q. 日本の中学校ではうまくいかなかったからアメリカの高校に留学する、というのは動機として間違っているでしょうか?

日本の中学校ではいろいろな意味で成果が出せませんでした。このまま日本の高校に行ってもうまくいかないかな、と思うので、いっそのことアメリカの高校にチャレンジしてみたいと思います。このような動機で高校留学をめざすのは間違っているでしょうか。   回答を見る

カテゴリー一覧へもどる



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求