カテゴリー: 生活 

高校留学してホームシックになることが心配です

アメリカの高校に留学して、ホームシックにかかることが心配です。


高校留学においてホームシックは通過点。みんなが経験するものです

高校留学をして、ホームシックにかかることを心配する人は少なくありません。留学する本人だけでなく、親御さんにとっても心配の種のようです。

さてホームシックは、ほぼすべての留学生が経験することです。だいたい留学して3か月~半年くらい経った頃にホームシックにかかることが多いようです。アメリカの寮制の高校では、留学生だけでなくアメリカ人も生まれて初めて親元を離れて生活することになりますので、アメリカ人もおおむねホームシックにかかります。

ホームシックは特別なものではなくて、高校留学の通過点です。したがってこれを克服しようと焦るまでもなく、時間が経てば解決します。大切なことは、ホームシックの状態を否定したり、さびしいとかつらいとかいう気持ちを押しつぶそうとしたりせずに、その状態と上手に付き合っていくことです。

アメリカのボーディングスクールでは、ホームシックへの対応のサポートがとてもよく行き届いています。その扱いにも慣れていますし、有効なアドバイスも必ず得られます。アメリカ人でさえ経験するホームシックです。強がらずに、つらくなったらすぐ周りの人に相談しましょう。
このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. 高校留学するために、どうしたら両親を説得できるでしょうか?

アメリカの高校に留学したいと思っていますが、なかなか親が賛成してくれそうにありません。どうすればいいでしょうか? 回答を見る

Q. 中3でもアメリカの高校に留学できますか?

アメリカの高校は四年制のところが多く、アメリカの高校1年生は、日本では中学3年生にあたると聞いています。そこで、中3のうちにアメリカの高校に留学したいと思うのですが、それは可能でしょうか? 回答を見る

Q. アメリカの高校でつちかった友情は一生続く、とよく聞きます

アメリカの高校に留学した人の体験を聞くと、留学中にはぐくまれた友情は一生続くといいます。実際のところはどうなのでしょうか? 回答を見る

» 「生活」についてよくある質問一覧に戻る