カテゴリー: 授業&勉強 

アメリカの高校に留学すると、授業についていくのが大変そうですが、先生も厳しいのでしょうか?

アメリカの高校の授業についていけるかどうか心配していますが、先生の影響も大きいのではないかと思います。アメリカの高校の先生ってどんな人たちなのでしょうか?


その教科についてのスペシャリストで、さらにやさしくて温かみのある人たちです

アメリカの高校に留学して授業についていけるかどうかを左右する存在として、先生はとても大きな、重要な役割を果たします。

アメリカの私立高校の先生たちは、まずその分野について精通しているスペシャリストです。その内容を熟知しているのはもちろんのこと、それについて「教え、指導すること」にも長けています。先生の質が高いことは、公立高校に比べて私立高校の大きな特長です。

そしてその人柄についていえば、もちろん先生によって異なるわけですが、だいたい「温厚」という言葉があてはまります。上からおさえつけるような居丈高な先生はいません。

生徒に対する接しかたにおいても、一方的に知識を投げつけるというのではなく、一緒に取り組みましょうという姿勢です。同じ目線に立って、個々の生徒のよいところを伸ばし、欠点を補っていこうという接しかたです。留学生に対しても、温かく、我慢強く接してくれます。

高校留学をしてよかったと思えることの一つが、そんな先生たちの存在であるといえます。
このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの高校に出願するにあたって、課外活動の成果はどれだけ評価されますか?

アメリカの高校が合否を判断する際、中学校での課外活動は審査の対象となるのでしょうか。 回答を見る

Q. 留学先となるアメリカの私立高校にはエリートばかりが集まるのですか?

高校留学を考えていますが、自分自身はごく普通の中学生です。アメリカの私立高校はエリートの養成所のような側面があると聞いたことがあります。実際にはどうなのでしょうか? 回答を見る

Q. 高校留学したいと思っていますが、中学校での英語が得意でも好きでもありません

中学校で習っている英語が得意でもなく、好きでもありません。それでもアメリカの高校に留学したいという希望があります。アドバイスをください。 回答を見る

» 「授業&勉強」についてよくある質問一覧に戻る