留学Q&A(留学の応援課)

編集する

高校留学のための準備にはどれだけの時間をかけるべきでしょうか?

アメリカの高校に留学するためには、その準備にどれだけの時間をかけるのが望ましいのでしょうか。

入学までに半年から1年くらいをかけて準備をしましょう

「高校留学の準備」といっても、アメリカの高校には一斉の入試というものがありませんから、いわゆる受験勉強をすることは準備に含まれません。
それではどのようなことが「準備」に含まれるかということになりますが、大まかにいって以下のことが挙げられます。

・自分自身の留学の目的や希望、適性についてよく考える
・アメリカの高校はどんなところなのか、その学業や生活について知る
・志望校を選ぶ
・出願書類をそろえる
・出願期限までに出願する
・(電話あるいはスカイプ等で)面接を受ける
・合格校の中から入学する高校を決める
・入学手続きを行う
・高校生活の予行演習・シミュレーションをする
・渡航手続きを行う

これらのことを着実に実行するためには、やはりそれなりの時間がかかります。だいたい半年から1年くらいはかかるものと思っておきましょう。

とくに志望校選びと出願書類の作成は、じっくり時間をかけるべきです。できればプロの進路指導のアドバイスを得るのがよいでしょう。
出願書類には、願書、中学校の成績証明書、エッセイ(自己紹介の作文)、推薦状、TOEFL®テストなどのスコアが含まれます。

アメリカの高校の合否は、これら複数の書類(および面接)によって決められますので、いかに合格を勝ちとるために書類を作るかというのが大きなポイントになります。

エッセイにしても、書いては練り直す作業を繰り返すことになるでしょう。エッセイはもともと正解というものがありません。このような作文は多くの日本人が苦手とするところですので、やはり何らかのアドバイスがあるほうがよいといえます。

9月(秋学期)入学の場合、だいたい2月前後がアメリカの高校の出願期限です。ただしRollingといって、定員になるまでは出願を受け付ける高校もあります。いずれにしても、たくさんあるボーディングスクールを比較・検討し、自分にとって最もふさわしいと思われる高校を探し出し、出願書類をしっかり作るというだけでも、短くても数週間、できれば出願までに半年くらいはかけるべきでしょう。

合否が出るのは3~5月くらいです。それから入学手続き(入寮の申込みなど)をして、健康診断・予防接種を受け、パスポートやビザを申請するといった渡航のための手続きを経て、ようやく渡米・入学ということになります。




同じカテゴリー内の質問

Q. 高校留学のための留学相談は、いつくらいまでにすべきでしょうか?

アメリカの高校への留学準備を始めるにあたって、いつくらいまでに留学相談をするのがよいのでしょうか。   回答を見る

Q. 高校から留学するのは「早すぎる」のでしょうか?

アメリカの高校への留学を考えているのですが、周囲から「高校から留学するのは早すぎる。留学するなら大学からすべきだ」と言われています。   回答を見る

Q. 高校留学のための準備にはどれだけの時間をかけるべきでしょうか?

アメリカの高校に留学するためには、その準備にどれだけの時間をかけるのが望ましいのでしょうか。   回答を見る

カテゴリー一覧へもどる



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求