留学Q&A(留学の応援課)

編集する

アメリカの高校留学を検討していますが、中学校の成績がよくない

アメリカの高校への留学を希望しているのですが、中学校の成績がよくありません。それでもアメリカの高校に合格できるでしょうか。

成績「以外」の要素で積極的に自己アピールしましょう

◆ 成績は需要

アメリカの高校の入学審査において、最も重視されるのは中学校の成績です。日本の高校に1年在校してから留学する場合は、高校1年生のときの成績もあわせて審査されます。

思わしくない成績がついてしまったことは、しかたがありません。ただ、少しずつでも成績が上がっていれば、より高く評価されますので、まだ中学校に在校中の人は、できるだけよい成績を修めるようにしましょう。

◆ 作文でアピール

アメリカの高校が成績を重視するといっても、それだけで合否を決めることはありません。エッセイ(作文)や推薦状など、さまざまな書類をさまざまな角度から審査して、合否の判断をします。

中学校の成績がよくない場合は、作文や推薦状といった、成績「以外」の要素で自己アピールすることで、合格のチャンスは高くなります。成績が悪かったことの言い訳を作文で書き連ねるのは望ましくありませんが、そこからポジティブに、やる気をもって留学に臨むという姿勢をしっかりアピールすれば、その熱意と姿勢が評価されます。

成績がよくないからといって、高校留学をあきらめたらもったいない。 留学の可能性を前向きに探り出していきましょう。




同じカテゴリー内の質問

Q. 大学に合格しやすい人は、どんなタイプの人?

アメリカの大学に入学しやすいタイプってありますか?   回答を見る

Q. アドミッションズ オフィス(入学審査事務所)が重要視するポイントは?

私立大学では書類のどこを重視しているのでしょう?また、面接などもあったりするのでしょうか?   回答を見る

Q. 留学したい大学にEarly Decisionという出願方法があるのですが、Early Decisionって何ですか? 留学生にも関係ありますか?

留学したい大学の出願方法としてEarly Decisionがあるのですが、Regular Decisionとどう違うのですか? 留学生もEarly Decisionで出願できるのですか?   回答を見る

カテゴリー一覧へもどる



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求