カテゴリー: 合格&入学 

アメリカの高校の合格のカギを握るのは何ですか?

アメリカの高校には一斉の入学試験がないと聞いていますが、それでは合格のカギを握るのはどういったポイントなのでしょうか。


中学校の成績が、合格を握る大きなポイントです

アメリカの高校が合否を決めるにあたって、最も重視するのは中学校の成績です。

日本の中学校を卒業してアメリカの高校に進学する場合、中学校3年間の、すべての科目の成績が評価されます。日本の高校に1年在校してから、アメリカの高校に行く場合は、中学校3年間の成績に加えて、高校1年のときの成績表(英文)も提出します。

中学校の成績は、1年生よりも2年生、2年生よりも3年生、というように「成績が上昇」していれば、より高く評価されます。成績が少しずつでも上がっていれば、留学に対する前向きな姿勢をアピールできることになります。

留学というと「まず英語力」と思われがちですが、アメリカの高校は英語「を」学ぶのではなく、英語「で」さまざまな科目を学ぶところですから、そのための学力や学習態度をおしはかるため、中学校の成績をとても重視するのです。
このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. 高校留学における、寮生活のメリットを教えてください

アメリカの寮制の高校に留学をして寮生活を送ることのメリットは何ですか? 回答を見る

Q. アメリカの高校に留学するのに、なぜ中学校の成績が必要なのですか?

アメリカの高校への出願書類の一つとして、「中学校の成績」があると聞いていますが、なぜ中学校の成績が必要になるのですか? 回答を見る

Q. 高校留学して、勉強についていけなくなったらどうすればいいのでしょうか?

アメリカの高校に留学して、勉強についていけなくなった場合のことが心配です。 回答を見る

» 「合格&入学」についてよくある質問一覧に戻る