留学Q&A(留学の応援課)

編集する

アメリカの高校への「入学はやさしい」のでしょうか?

アメリカの高校への留学を考えています。アメリカは「入学がやさしくて卒業がむずかしい」と聞いていますが、アメリカの高校の入学はやさしいのでしょうか。

公立高校と私立高校で入学基準は大きく異なります

アメリカは高校までが義務教育です。したがって公立高校であれば、その学区の生徒は無条件で入学できます。そのため「入学がやさしい」というのは公立高校については、その通りです。

一方で私立高校は、それぞれの学校が独自に入学基準を設けています。難易度も学校によってさまざまですので、「入学がやさしい」とは一概には言えません。倍率が5~10倍くらいの難関校も少なくありません。

私立高校が合否を決めるにあたって審査対象とするのは、
中学校の成績
エッセイ
推薦状
課外活動
SSAT®テストのスコア
面接
などです。留学生の場合は、これにTOEFL®テストのスコアが加わります。

このうち最も重視されるのは中学校の成績です。アメリカの高校には一斉の入試はありません。学力の指標となるものとして、中学校の成績を最重視します。

さて、卒業をめざして高校留学をする場合は、公立高校ではなく私立高校へ留学することになります。公立高校への留学は、原則として1年間の交換留学に限られます。

そのため、以上に挙げたような審査対象をアメリカの高校に提出して、入学審査を受けることになります。ポイントは中学校で良い成績を修めること、そして面接やエッセイ、推薦状などを通して自分の魅力を精一杯アピールすることです。思い切ってチャレンジしてみてください。




同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの大学へ提出する健康診断書は英文で作成するのでしょうか?

留学先となるアメリカの大学には健康診断書を提出しなければならないようですが、この診断書は英文のものである必要があるのでしょうか。   回答を見る

Q. アメリカの高校に出願するにあたって、課外活動の成果はどれだけ評価されますか?

アメリカの高校が合否を判断する際、中学校での課外活動は審査の対象となるのでしょうか。   回答を見る

Q. アメリカの大学に支払うDeposit とはどんな費用ですか?

留学先のアメリカの大学からDepositを支払うよう連絡が来ました。どうしたらよいでしょうか?   回答を見る

カテゴリー一覧へもどる



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求