留学Q&A(留学の応援課)

編集する

アメリカの高校に出願するときに提出する中学校の卒業証明書って何ですか?

高校留学をするときに提出を求められる中学校の成績証明書とはどのようなものでしょうか。

日本の中学校を卒業したことを証明する英文の証明書です

アメリカの高校に留学する際には、中学校の卒業証明書の提出が求められます。
氏名
生年月日
中学校名
中学校の住所
入学年月日
卒業年月日
が明記されたもので、すべて英文で記されている必要があります。

中学校が発行した「正式の」書類であることを示すために、学校印(Official Seal)がおされたもので、あわせて校長先生のサインも必要です。

中学校の卒業証明書は、中学校を卒業してから発行してもらうものですので、アメリカの高校に出願する時点ですでに中学校を卒業している場合は、他の出願書類と一緒にこれを提出しますが、そうでない場合は、中学校を卒業した時点で、提出します。この時点ですでに合否が決まっているかもしれませんが、それでも少なくとも入学する予定の高校には提出しなければなりません。

卒業証明書は合否に影響するものではありませんが、必ず提出を求められるものですので、忘れずに準備しましょう。中学校の事務にお願いすれば、発行してくれます。




同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの大学への出願形式のうち、Early DecisionとEarly Actionの違いを教えてください

アメリカの大学に出願するにあたって、Regular Decisionよりも早く出願する方法として、Early DecisionとEarly Actionがあると聞いたことがあります。これらの違いは何ですか?   回答を見る

Q. アメリカの大学に出願するときに、面接を必ず受けなければならないのでしょうか?

アメリカの大学は書類審査のほかに面接も行うことがあると聞いたことがあります。この面接は留学生にも必須なのでしょうか?   回答を見る

Q. アメリカの大学に出願するときの、Early Decisionって何ですか?

留学したい大学の出願方法としてEarly Decisionというものがあるのですが、Regular Decisionとどう違うのですか? 留学生もEarly Decisionで出願できるのですか?   回答を見る

カテゴリー一覧へもどる



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求