カテゴリー: 授業  生活 

高校留学をするときに、持って行くべき参考書はありますか?

アメリカの高校に留学するときに持って行くべき参考書があれば教えてください。


アメリカの高校で学ぶ科目とかかわりのある本を持って行くといいでしょう

高校留学にあたっての必携の本としてまず挙げられるのが、アメリカ史・西洋史の本です。アメリカ史は多くの高校で必修となっていて、またかなり細かい内容にまで及びますから、日本語で書かれた本を1冊は持って行くといいでしょう。

また留学生にはあまり馴染みのない宗教学、とくにキリスト教についての解説書も持って行くといいかもしれません。キリスト教系の学校では神学が必須となっていますから、聖書の日本語訳もあわせて持参するときっと役に立ちます。

そのほか、古典と呼ばれる英文学の本も、候補に挙げられます。シェイクスピアやディケンズ、ヘミングウェイやホイットマン、フォークナーやテネシー・ウィリアムズなどは、授業でもよく取り上げられます。文庫本で探してみましょう。

また日本の文化や風習について英語で紹介している本なども、なにかと役に立ちます。

いまではインターネットであらゆる分野の情報を得られます。留学生にとって、英語で書かれた内容に相当する日本語の情報をすぐに得られるというのは、かなり大きな利点です。書籍とあわせて、インターネットも大いに活用するといいでしょう。
このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの高校に留学するときに受ける「面接」とはどのようなものですか?

アメリカの高校に出願する際に受ける面接とはどのようなものでしょうか。やはりキャンパスに行って受けなければならないのでしょうか。 回答を見る

Q. 留学先となるアメリカの私立高校にはエリートばかりが集まるのですか?

高校留学を考えていますが、自分自身はごく普通の中学生です。アメリカの私立高校はエリートの養成所のような側面があると聞いたことがあります。実際にはどうなのでしょうか? 回答を見る

Q. 日本の高校受験の結果を待ってから高校留学の準備を始めても間に合いますか?

アメリカの高校への留学を考えていますが、まずは日本の高校を受験して、その結果次第で留学するかどうかを決めたいと思っています。それでも高校留学をするのに間に合うでしょうか。 回答を見る

» 「生活」についてよくある質問一覧に戻る