カテゴリー: 合格&入学 

アメリカの高校に留学する際に受ける面接ではどんなことを聞かれるのですか?

アメリカの高校に出願するときに受ける面接では、どのような質問がされるのでしょうか。


その高校への「出願者についてよく知る」ための質問がされます

アメリカの高校が出願者に対して面接をする一番の理由は「お互いのことをよく知りたい」ということです。その高校についてよく知ってもらい、また出願者のこともよく知る、そのための場が面接ということです。

面接は決して堅苦しいものではありません。お互いのことをよく知りましょうというのが目的ですから、面接官もできるだけフレンドリーで、リラックスした雰囲気をつくり、出願者に気軽にしゃべってもらうように促します。ですから一問一答式というよりも、世間話のような感じになることもしばしばです。

まず聞かれる質問として想定されるのが、「自己紹介してください」(Tell me about yourself.)です。この質問とそれに対する答えを皮切りとして、話題がいろいろに展開していきます。この答えによって、自分が持っていきたい話題に誘うというのも有効かもしれません。

よく話題になるのが、
・在校している学校のこと
・好きな科目、苦手な科目
・課外活動や趣味について
・自分の性格、長所・短所について
・家族のこと
・どうして留学したいのか
・どうしてその高校で学びたいのか
などです。

また面接の終わりには必ず「質問はありますか?」(Do you have any questions?)と聞かれます。ですから、あらかじめ聞きたい質問を用意して面接に臨むことが大切です。面接官はお話しが好きな人たちですので、質問に対してはとてもていねいに答えてくれます。そうして面接官にたくさん話していただく、というのも一つの方法です。

留学生は英語が母国語ではないということを、面接官はきちんと心得ています。質問がわからなかったら「もう一度言ってください」「もう少しゆっくり話していただけますか」と言ってもまったくかまいませんし、黙っているよりはそのほうが望ましいといえます。英語のハンデはあまり気にせず、面接を楽しもうというくらいの気持ちで臨んでください。
このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの高校では、理系・文系に分かれることはあるのですか?

アメリカの高校では、理系と文系にクラスが分かれるようなことはあるのでしょうか。 回答を見る

Q. アメリカの高校の卒業生は、どんな大学に進学していますか?

アメリカの高校への進学を考えているのですが、卒業後の進路のことが心配です。どのような大学に進学できるのか、教えてください。 回答を見る

Q. アメリカの高校における1日のスケジュールを教えてください

アメリカの高校生の、1日のスケジュールを教えてください。 回答を見る

» 「合格&入学」についてよくある質問一覧に戻る