留学Q&A(留学の応援課)

編集する

高校留学をして、日本語がダメになってしまうことが心配です

アメリカの高校に留学することを考えたとき、日本語がしっかりしなくなってしまうことを懸念しています。

留学すると語学のセンスが磨かれます。日本語についても心配いりません

日本の中学校を卒業してアメリカの高校に留学することに対して、「日本語がまだ十分にできていないのに留学してしまうことで、母語がしっかり身につかないまま大人になってしまうのではないか」という懸念があることは、たしかに一理あるように思えます。

しかし留学することで、日本語とは異なる英語での勉強・生活に浸ることは、英語に対する感性を研ぎ澄ますのみならず、その感性によって、母語である日本語への理解が深まることに通じます。

「外国語を知らずして、自国語を知ることはできない」というのはゲーテの有名な言葉ですが、語学のセンスというものは、英語にも日本語にも通じるセンスです。

とくに話し言葉についてはまったく心配はありません。読み書きについては、少し意識的に心がけるといいかもしれませんね。




同じカテゴリー内の質問

Q. 高校留学するのに「なんとなく」という理由ではダメでしょうか?

アメリカの高校に留学したいと漠然と思っていますが、はっきりした強い目的があるわけではありません。それでも留学してもいいのでしょうか?   回答を見る

Q. 高校留学をして、退学になるのはどういうケースですか?

アメリカの高校に留学して、その高校を退学しなければならないのはどのようなケースが考えられますか?   回答を見る

Q. 高校留学をするにあたって、アメリカの高校が留学生を歓迎してくれるかどうかが気になります

アメリカの高校への留学を考えていますが、アメリカの高校は留学生の受け入れについてどのように考えているのでしょうか。   回答を見る

カテゴリー一覧へもどる



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求