カテゴリー: 卒業後の進路 

高校留学すると、アメリカの名門大学に進学できる可能性は高まるのでしょうか?

アメリカの名門大学に行きたいと思っているのですが、そのためには高校から留学するほうが有利になるのでしょうか?


一つの方法ではあります

アメリカの名門大学に進学することをあらかじめ想定して、アメリカの高校に留学するというのはたしかに一つの方法ではあります。

高校留学のメリットとしては、
・英語力がつく
・アメリカの大学の審査項目の一つであるSAT(R)でより高いスコアを期待できる
・アメリカ式の勉強方法が身につく
・アメリカの大学の情報が得られやすい
・アメリカの大学のキャンパスを見学しやすい
・アメリカの大学への進学指導をしっかり受けられる
・課外活動で活躍できる場がたくさんある
などです。これらは、日本の高校ではなかなか得られない利点だといえるでしょう。

一方で、アメリカの大学が最も重視するのは高校の成績です。日本の高校であれ、アメリカの高校であれ、高校の成績がよいことが、大学進学にあたって最も重要になります。

また日本の中学校を卒業した時点で、なにがなんでもアメリカの名門大学に行く、と決めつけるというのも、必ずしも好ましいこととはいえません。

まずは高校でよい成績を修めること、そして充実した高校生活を送ることを大切にして、進路について考えるようにしましょう。
このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. 高校留学するのに「なんとなく」という理由ではダメでしょうか?

アメリカの高校に留学したいと漠然と思っていますが、はっきりした強い目的があるわけではありません。それでも留学してもいいのでしょうか? 回答を見る

Q. 高校留学をして、退学になるのはどういうケースですか?

アメリカの高校に留学して、その高校を退学しなければならないのはどのようなケースが考えられますか? 回答を見る

Q. 留学中に病気になったらどうすればいいのですか?

留学して、病気になったときのことが心配です。 回答を見る

» 「卒業後の進路」についてよくある質問一覧に戻る