カテゴリー: 英語力&語学力 

出願したアメリカの高校から「最初の1年はESLに集中」することが条件として提示されました

出願したアメリカの高校から、「英語力の不足を補強するために、最低でも1年間はESLの科目を集中してとること」を入学条件として提示されました。どういうことでしょうか。


ESLのみを受講することは薦められません

ESLとは、English as a Second Languageの略で、英語を母語としない人のための英語講座のことです。

留学生に対しては、留学して最初の年に、通常の科目に加えてESLを1、2科目とることを求められることはあります。これは留学生に対する英語のサポートとして、とても有効です。

しかしESLしかとれない、となるとこれは問題です。というのも、アメリカの高校を卒業するためには、それなりの必修科目がありますが、ESLは高校を卒業するための科目としては認められないため、卒業するまでの期間が延びてしまうからです。

アメリカの高校は「英語を」学ぶところではなく、「英語で」さまざまな科目を学ぶところです。アートや数学などは、英語力がなくても十分にやっていけます。「ESLだけ」となると、それは高校ではなくて、語学学校と同じです。

したがってESLしかとれないという条件の高校は、お薦めできません。
このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの大学に進学するにあたって、高校留学するほうが有利になりますか?

将来、アメリカの大学への留学を考えていますが、そのために、高校から留学するほうが、大学進学に有利になるのでしょうか。 回答を見る

Q. アメリカの高校に留学しながら、アルバイトはできますか?

アメリカの高校に留学中に、アルバイトをしてもいいでしょうか? 回答を見る

Q. アメリカの高校の寮生活では、どんな食事をとるのでしょうか?

アメリカの高校の寮生活における、食事について教えてください。 回答を見る

» 「英語力&語学力」についてよくある質問一覧に戻る