留学Q&A(留学の応援課)

編集する

出願したアメリカの高校から「最初の1年はESLに集中」することが条件として提示されました

出願したアメリカの高校から、「英語力の不足を補強するために、最低でも1年間はESLの科目を集中してとること」を入学条件として提示されました。どういうことでしょうか。

ESLのみを受講することは薦められません

ESLとは、English as a Second Languageの略で、英語を母語としない人のための英語講座のことです。

留学生に対しては、留学して最初の年に、通常の科目に加えてESLを1、2科目とることを求められることはあります。これは留学生に対する英語のサポートとして、とても有効です。

しかしESLしかとれない、となるとこれは問題です。というのも、アメリカの高校を卒業するためには、それなりの必修科目がありますが、ESLは高校を卒業するための科目としては認められないため、卒業するまでの期間が延びてしまうからです。

アメリカの高校は「英語を」学ぶところではなく、「英語で」さまざまな科目を学ぶところです。アートや数学などは、英語力がなくても十分にやっていけます。「ESLだけ」となると、それは高校ではなくて、語学学校と同じです。

したがってESLしかとれないという条件の高校は、お薦めできません。




同じカテゴリー内の質問

Q. 高校留学するにあたって「まずは英語力をしっかり身につけてから」と言われています

アメリカの高校に留学したいと思っていますが、まずはしっかりと英語力を身につけた上で留学すべきだと周囲から言われて、どうすべきか迷っています。   回答を見る

Q. アメリカの大学に留学したいのですが、英語力がなくても大丈夫でしょうか?

英語に自信がありません。アメリカの大学に留学できるのか不安です。   回答を見る

Q. 英語が苦手です。それでも高校に留学できますか?

アメリカの高校に留学したいと思っていますが、英語が苦手です。それでも留学できますか?   回答を見る

カテゴリー一覧へもどる



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求