Lewis & Clark Collegeの留学生担当の方が東京オフィスにいらっしゃいました!

その他  2012年10月11日

アメリカ西海岸、シアトルがあるワシントン州とカリフォルニア州に挟まれたオレゴン州の州内最大の街、ポートランドは自然豊かで、環境に優しい街と言われています。西に約2時間車を走らせれば海があり、東に1時間ほど行くとスキーができるMount Hoodがそびえ立ちます。
(屋台の食べ物やビール醸造所でも有名な「グルメ」な街でもあります)


昨日、この美しいポートランドの街にあるリベラルアーツカレッジ、Lewis & Clark Collegeの留学生担当のオフィスで働くブリジットさんが東京オフィスを訪問してくれました。
現在留学準備中の生徒さんも参加し、大学のお話を聞くことが出来ました。




ブリジットさん自身もポートランドにある別のリベラルアーツ・カレッジを卒業し、この仕事に就く前には日本の学校で英語を教えていた経歴をお持ちです。その時の経験もあり、このセッションの中で出た「空気を読む」概念も理解してくれました。(もちろんアメリカ人は「空気を読まない」ので、自ら喋らないといけないのですが)


Lewis & Clarkには、東京の某大学から毎年20人ほどの学生が1年間の短期留学をしているようです。
アジア関連の専攻、授業がとても充実しています。International AffairsやEnvironmental Studiesも人気のある専攻だそうです。




留学中は西海岸に住んでいたものの、オレゴンにはまだ行ったことがなく、今回のブリジットさんの話を聞き、ポートランドが近い将来必ず行ってみたい街となりました。

このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter

留学相談 留学講演会
留学中の就職支援
栄陽子の書籍
栄 陽子の留学コラム