留学サクセス講座@ワシントンDC

その他  2012年07月23日

栄 陽子留学研究所のボストンオフィスがコーディネートするサマープログラム、「サクセス講座」の引率でワシントンDCへ行ってきました。(ここから1週間ほどの長い旅が続きます)



寮に到着。長旅にもかかわらず、みんな割と元気





この夏開催されるサクセス講座の中では最短のこのプログラムには14名の生徒さんが参加しています。ワシントンDCのプログラムでは、DC内の大学の寮に滞在しながら、International Language Instituteという語学学校で世界各国からの留学生と一緒にESLの授業を受けながら、栄の生徒だけのアカデミックコースも受講してリサーチペーパーの書き方を学びます。



到着した翌日、ボストンオフィスのスタッフによるオリエンテーションの様子



寮からILIまではバスと地下鉄で通学(アメリカで一番きれいな電車なのでは)



ILIのあるDupont Circle


ワシントンDCは何を隠そう、アメリカの首都です。Capitol(連邦議会。日本でいう国会議事堂)があれば、オバマ大統領が住むホワイトハウスもあります。





また、アメリカの歴史、文化の宝庫であり、様々な博物館や美術館はほとんど入場料がかかりません。さっそく生徒の皆さんはリサーチトピックを決めるため、美術館や博物館へ出かけていきました。
そんなDCはアメリカを知るには持って来いの街です。リンカーンが暗殺されたフォード劇場も、マーティン・ルーサー・キングが“I Have a Dream”のスピーチを行ったのもDCです。ちなみにリンカーンと言えば、National Mall西端のLincoln Memorialが有名ですが、フォード劇場National Historic Siteには、暗殺に使われた銃やリンカーンが着ていたコートも一般公開されています。


ワシントン・モニュメント(DCの建造物はこの記念碑より高く建ててはいけないという決まりがあります)をはじめ、MLKことキング牧師や硫黄島などの様々な記念碑もあります。
National Archivesに展示されている200年以上前のオリジナルの独立宣言書や、ローザ・パークスの逮捕状を初めて見た時は、感動しました。



Iwo Jima Memorial


さて、ワシントンDCの“DC”は“District of Columbia” の略称でコロンビア特別区と訳されます。
DCは州ではないので、星条旗の50個の星にはワシントンDCは含まれません。州ごとに運転免許証が発行され、車のナンバープレートも州ごとに独自のデザインがあるアメリカで、DCのナンバープレートのデザインが、彼らの政治的ポジションをうまく表しています。




サクセス講座参加者のみんなには、この1か月でたくさん勉強をしながら秋からの大学生活の準備をしながら、今後数年”home away home”になるアメリカのことを色々な面から知るきっかけになればと思います。


DCを出発する直前に、大好物のドーナツを食べました。




ここから、南へ車を走らせます。

このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter

留学相談 留学講演会
留学中の就職支援
栄陽子の書籍
栄 陽子の留学コラム