「2025年問題」に向けて「老年学」を学ぶ意義

2025年、日本では65歳以上の人が3,500万人になるといわれています。それなのに、世界でも有数の高齢化社会である日本では「老年学」(Gerontology)を学ぶ機会があまりありません。

アメリカでは多くの大学院(修士課程)でこの分野を学べます。さまざまな角度から「老い」を考えるGerontology、みなさんもぜひアメリカで学んでみませんか?


「2025年問題」に向けて。アメリカに留学して「老年学」を学ぶ意義

 

 

留学相談 留学講演会

〒107−0052 東京都港区赤坂1-11-36 レジデンスバイカウンテス120 栄 陽子留学研究所
TEL:03−3224−0777 FAX:03−3224−9118 Email:sisa@sakaeyoko.co.jp
(C) 2022 栄 陽子留学研究所


しっかり分かる

留学講演会

>

まずは

資料請求

>