コロナ禍でアメリカの名門大学への出願が急増した、その理由とは

アメリカでは、コロナ禍でなぜか名門大学への出願者がとても増えています。

ハーバードは初めて57,000人(前年比42%増)もの人が願書を提出。UCバークレーは112,000人(前年比28%増)が願書を提出。優秀さと、他の出願者より自分をとるべき自分のユニークさをはっきりと示して初めて合格が勝ち取れるため、非常に敷居が高いとされてきた名門大学に何があったのでしょうか? その状況は今だけなのでしょうか?

アメリカの名門校出願に求められる学力テストの変化と、試験や学力に関するアメリカ高等教育での考え方について、栄陽子が解説していきます。

アメリカの名門大学への出願が急増! その理由は?

 

 

留学相談 留学講演会
栄陽子の書籍
スタッフブログ
栄 陽子の留学コラム

〒107−0052 東京都港区赤坂1-11-36 レジデンスバイカウンテス120 栄 陽子留学研究所
TEL:03−3224−0777 FAX:03−3224−9118 Email:sisa@sakaeyoko.co.jp
(C) 2022 栄 陽子留学研究所


12/24

しっかり分かる

留学講演会

>

まずは

資料請求

>