Paper

いわゆるレポート、論文のこと。教授や科目によってpaperの分量や頻度は異なりますが、だいたい学期末に、大学では5枚~15枚、大学院では20~30枚くらいのpaperを科目ごとに提出します。テーマに沿って、大量の文献を参照・引用しながら、自分の考えや意見、アイデアを盛り込み、論理的にテーマを発展させるのが、アメリカのpaperです。成績査定の材料として、中間試験(mid-term examination)や期末試験(final examination)同様、あるいはそれ以上の比重を占めるので、留学生も必死に取り組みます。このpaper作成に、相当の時間がかかることを覚悟しておきましょう。

一覧に戻る

タグ :  カテゴリ:留学用語集  最終更新:2011/04/08

あなたの知りたい用語はみつかりましたか?
こんな事が知りたかった、こんな事を知りたいなどの要望はお問い合わせフォームよりお送り下さい。
また、留学についてのより具体的な疑問や質問については、留学用語辞典を運営する栄 陽子留学研究所のプロカウンセラーがご相談を承っております。そちらも合わせてご利用ください。 » 留学相談について

留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求