Minor

副専攻。「ミニ専攻」のようなもので、卒業のために必ずしも取らなければならないものではなく、自分の興味ある分野や、専攻(major)の知識を広げることができる分野をminorとします。たとえばコミュニケーションをmajorとしてビジネスをminorにしたり、経済学をmajor、地理学をminorとしたりすることは、自分の専攻分野の知識を広げるに適した組み合わせの例といえるでしょう。Majorほど必修条件が厳しくなく、たとえば、Mary Baldwin College(バージニア州)のComputer scienceのmajorの必修は50単位ですが、minorの必修単位は21単位です。

一覧に戻る

タグ :  カテゴリ:スクールカタログ用語  最終更新:2011/04/02

あなたの知りたい用語はみつかりましたか?
こんな事が知りたかった、こんな事を知りたいなどの要望はお問い合わせフォームよりお送り下さい。
また、留学についてのより具体的な疑問や質問については、留学用語辞典を運営する栄 陽子留学研究所のプロカウンセラーがご相談を承っております。そちらも合わせてご利用ください。 » 留学相談について

留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求