スポーツ留学

スポーツ選手としての心がまえ

アメリカの大学でスポーツ選手として活躍できるチャンスはだれにでもあります。大学によって、またその大学のチームによってレベルはさまざまにあり、自分のレベルや希望に応じてスポーツを楽しむという基本的な姿勢が、アメリカにはあります。ですから日本人であっても、その大学で表彰されるくらいに活躍するチャンスは十分にあるといえます。

スポーツ選手といえども、大学生である限りは、学業がスポーツに優先するということは、心がまえとして最も大事なことです。悪い成績をとってしまうと練習や試合に出られませんし、2学期続けて70点平均を切ると退学になるという原則は、どんなスター選手にも当てはまります。

専攻については入学時に決める必要はありませんし、入学してから変更することも可能です。アメリカの大学ではスポーツ選手が音楽や絵画を専攻しているということはめずらしくありません。スポーツに精一杯汗を流しながらも、さまざまな分野を勉強し、多様な価値観や視野を身につけることで、将来への道もスポーツ分野に限らず開けていくはずです。

そしてアメリカではスポーツはシーズン制であるということも覚えておきたいことです。シーズンごとに異なるスポーツに取り組み、シーズンを外れると、自己練習以外には、そのスポーツをしてはならないということになっています。アメリカンフットボールと野球の両方で活躍するような「スーパーアスリート」がアメリカにいるのは、そういう事情によるものです。

アメリカの大学スポーツのレベル

アメリカには、大学スポーツチームを統制する団体であるNCAAやNAIAなどに“Division”という制度があります。トップアスリートの多くは、NCAAのDivision 1というレベルの大学スポーツチームで活躍しています。テレビで試合が全国放送されるようなレベルです。Division 2になると、全体的なレベルはやや落ちますが、それでも優秀な選手がプレーしています。Division 3では、一定以上の学業成績を修めていれば、留学生でも入部できます。卒業後、プロ選手として活躍している選手の中には、Division 3出身という選手も少なくありません。

ほかにもアメリカの大学にはNCAAやNAIAに属さない、つまり大学正規のスポーツチームではない「クラブチーム」と呼ばれるスポーツチームがあります。日本語で訳すとニュアンスがちょっと違うのですが「同好会」が一番近いものになるかもしれません。このクラブチームは、その大学の学生であれば基本的にだれでも参加できるものです。

また「イントラミューラルスポーツ」といって、大学のリクリエーションオフィスというところが主催するスポーツがあります。これにもその大学の学生であればだれでも参加できます。

もちろんチームやクラブに属さない場合でも、体育の授業を受けることでスポーツに参加できます。多くのアメリカの大学はスポーツにお金をかけるので、スポーツ施設は日本に比べるとかなり充実しています。そのために一口で「体育の授業」といってもバラエティに富んでいて、カヌーや乗馬、スキー、射撃、ラケットボールなど、日本では通常楽しむことができないスポーツに、授業を受けることで参加できます。

留学生がアメリカの大学のスポーツチームで活躍できる可能性

意外に思われるかもしれませんが、アメリカの大学におけるバレーボールやサッカー、ソフトボールなどの種目のレベルはそれほど高くありません。その他の種目についても、アメリカの大学でスポーツ選手として活躍している留学生はたくさんいます。アメリカンフットボールやバスケットボール、陸上競技の短距離走や幅跳び競技は少しばかり例外となりますが、それでもDivision 3などでは日本人でも十分に通用する可能性があります。野球もアメリカ全土で見ると、日本に比べてそれほどレベルは高くはありません。

たしかにアメリカはスポーツ人口が多いので、ナショナルチームなどになると各スポーツ人口のトップが集まりますから、世界でもトップレベルということになります。しかし大学スポーツとなると、日本人が想像するほどにはレベルが高くありません。したがって日本人でもアメリカ人学生と互角に競い合えるチャンスは大いにあります。

学生の本分は「勉強する」こと

日本人留学生がアメリカの大学でスポーツチームに属してプレーしたいのであれば、まずは一般学生と同じようにその大学から入学許可を得て、学生として入学しなければなりません。合否の審査も他の学生と同じ基準で行われます。高校時代にスポーツで活躍していたことはプラスの要素にはなりますが、それだけで入学できるわけではありません。

またアメリカの大学に入ってからも、1学期に12単位以上を修め、GPAを2.0以上に保たなければ、NCAAなどのチームでスポーツをすることはできません。この条件をクリアできないと、次年度はその大学だけでなく他の退学でも選手としてスポーツできなくなります。成績が悪いとスポーツ選手をやめなければならないというのが原則です。「まずは学業を優先させる」ことが、学生アスリートにとっては切実な課題であるのです。



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求

ニューヨークを拠点とするリードオフ・スポーツ・マーケティングの人材育成プログラム「LeadOff Breakout」では、海外スポーツ留学に特化したサポートをご提供しております。学生アスリート様のご相談から、スポーツマネジメント留学希望の学生様の総合サポートまで、スポーツ界で活躍したいという夢をお持ちの皆様に信頼していただけるサービスを目指して参ります。

詳細はこちらまで。