音楽留学の分野

演奏 Performance

Performanceとは「演じること」を意味し、音楽にかかわる専攻分野としては楽器演奏と声楽が含まれます。ソロとして、アンサンブルのメンバーとして、また伴走者としての演奏・歌唱技術を身につけます。レッスンは一対一の個人指導で行われます。

学べる楽器の種類は大学によってまちまちですが、ごく普通のリベラルアーツ・カレッジでもピアノ、ギター、オルガンくらいは専攻できます。やや充実した学科では木管楽器や打楽器なども学べます。音楽の専門大学ともなると、オーケストラで用いられる楽器のほとんどを専攻できるでしょう。学期末にはリサイタルで成果を発表します。

演奏以外の学習科目は、音楽理論と音楽史に大別され、具体的には、楽典、ソルフェージュ、対位法、音楽の歴史と分析、和音、視唱、楽曲分析などが含まれます。

音楽理論/作曲 Music Theory/Composition

Performanceに対して、おもに理論的なことを学ぶのが、音楽理論と作曲のプログラムです。音楽理論では、聴覚理論、音階、対位法、混成和声法、即興、器楽編成、リズムの構造、音楽用語の習得、分析法、音楽史、コンピュータの応用などが学習内容です。そして、これらを作曲及び編曲に生かすことを目的とするのが作曲のプログラムです。したがって、作曲は理論の応用だと考えるとよいでしょう。理論と作曲とが別々の専攻課程として設けられていることもありますが、実際には、学ぶ科目はかなり共通します。

理論と作曲のプログラムでは、演奏したり歌ったりするPerformanceのプログラムに対して、理論的なことを中心に、おもに講義・ディスカッション形式の授業で学びます。とはいえ多くの大学では、楽器の演奏か歌唱のレッスンを受けることを必須としています。アンサンブルへの参加やリサイタルが必須となっていることもあります。

指揮 Conducting

アンサンブル、室内楽、合唱団、オーケストラの指揮法を学びます。楽譜の解釈、編曲、指揮棒の使いかた、リハーサルの方法などが学習内容で、その応用として、和音分析、形式分析、リズムの維持、ジェスチャー、グループの率いかた、コミュニケーション、リハーサル計画のたてかたなどを学びます。グループを率いる、人との言語・非言語による意思疎通をはかる、という観点から、心理学が必須となっている場合も少なくありません。

実技においては、演奏を専攻している学生とのコラボレーションによるアンサンブルに参加し、リサイタルも行います。

大学よりも大学院のほうに指揮のプログラムは多く見られます。しっかりした音楽知識とコミュニケーション能力が求められる分野です。

ジャズ Jazz Studies

アメリカ生まれの音楽であるジャズを学ぶ分野です。ジャズの理論と演奏とを学びます。

理論のほうは、ジャズの歴史と発展、スタイル、表現手法、コード進行、作曲・編曲、文化的影響などを学び、演奏では、金管楽器、バス、サックス、ピアノ、パーカッション、ギターなどによる、とくに即興技術を学びます。ヴィヴラフォン、ラテンパーカッション、エレキギターといったクラシックのオーケストラではあまり用いられない楽器も、大学によっては学ぶことができます。リサイタルで成果を発表します。

理論と演奏に加えて、レコーディング技術やコンピュータ音楽、音楽ビジネスなどを学ぶカリキュラムもあって、いずれもプロ志向が強いのが特徴です。

音楽ビジネス・マネジメント Music Business Management

音楽をビジネスの側面から学ぶ分野です。音楽ビジネスの経営、音楽施設の運営、音楽家の人事、経営学や財務学の基礎、労使関係、イベントのプロモーション、音楽製品の販売など、かなり実践的なことを学びます。インターンシップが必須になることも少なくありません。

音楽史/音楽学史 Music History/Music Literature

おもに西洋音楽の発展を歴史的に学ぶ分野です。中世からルネッサンス期、バロック、ロマンの系列と、その後の現代音楽やコンテンポラリー音楽の発展も学習内容に含まれます。とくにゴスペルやジャズ、ガーシュインやフォスターの楽曲、コール・ポーターの劇音楽など、アメリカで独自に発展をとげた音楽はよくとりあげられます。

文献を読み、さまざまな時代の音楽を聴き、意見や批評を口頭で、また論文で発表するのがこの課程のメインの学習になりますが、多くの課程では演奏することも必須としています。

Music Literatureは「音楽学史」と訳されます。「音楽文学」ではありません。Music Historyとほぼ同義ですが、とくに音楽の文献、批評について学びます。

ミュージカル劇 Musical Theater

ブロードウェイに代表されるミュージカル劇の音楽を専門に学ぶ分野です。演技、声楽、発声法、体の動き、ダンスのほか、キャバレーや実験舞台、ミュージカル映画なども学習対象となります。音楽・演技・ダンスそれぞれの課程を組み合わせたような内容になっているのが一般的です。俳優、演奏者、ダンサーをめざす人が多く学んでいて、ミュージカル劇のための作曲に特化した課程はほとんどありません。



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求