課外活動(スポーツ、クラブ、サークル活動、アルバイトなど)

シーズン制のスポーツ

アメリカの大学におけるスポーツへの取り組みかたは、日本の大学の体育会系とはやや異なります。というのも、アメリカの大学のスポーツは秋、冬、春の3シーズン制で、それぞれのシーズンで別のスポーツをするからです。

また勉強よりもスポーツを優先するということはありません。花形選手であっても、成績が悪ければスポーツに参加できないようになっています。

クラブ、サークル活動

文化系のクラブについては、学生委員会をはじめとして、新聞、ラジオ・TV放送、各国の文化や交流、政治、コーラスや演奏、演劇、ダンス、ボランティアなど、さまざまなクラブが活動しています。留学生が主体となって構成するクラブもあって、アメリカ人学生や教職員、地域の住民との交流イベントなどを企画・運営しています。またボランティアには、アメリカの大学の学生は熱心に取り組んでいます。

アルバイトについて

留学生は学生としてビザを取得し、学生としてアメリカに滞在しますので、基本的にはアルバイトはできません。ただし学内でのアルバイトに限っては、許可されています。そうはいっても勉強に忙殺されますので、無理してまでアルバイトをする必要はありません。

授業の一環として参加するインターンシップは、留学生でも得られる就労経験として貴重なものです。原則的には無給ですが、アメリカで働く経験を得、さらに単位も取得できますので、積極的に参加するとよいでしょう。専攻によってはインターンシップへの参加が必須となっています。

また卒業後1年間に限っては、専攻分野にかかわる職に就いてもよいというシステムがあります。普通は就労ビザを得なければアメリカでは働けませんが、このシステムにおいては学生ビザのままで仕事に就くことができます。



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求