名門大学をめざす

アメリカの名門大学とは

ひと口に「名門大学」といっても、その定義はさまざまです。充実した学生生活を送ることができる、すぐれた研究機関をかまえている、社会で活躍する卒業生が多い、など、さまざまな見かたがあることでしょう。一般には、次のように定義できます。

  1. 学生の学力が極めて高く、かつ多方面に才能をもつ人が集まっている
  2. 大学の財政がとても豊かで、施設や教授陣を含め、あらゆる面で中身の濃い学生生活を送ることができる
  3. 卒業生が優秀であり、社会に貢献できる人材であるとの評価を企業や大学院から受けている
  4. 入学したいと希望する人がとても多く、学生の選抜が大変厳しい
  5. 一地方ではなく、アメリカ全土や海外から優秀な学生を集めている

こうした条件に当てはまる名門大学の多くは東部にありますが、アメリカは他の国と違い、歴史的に州の発達の過程がそれぞれ異なり、教育制度も州ごとにまちまちで、一つの州が一つの国ほど大きいため、必ずしもすべての人が東部の名門大学をめざすわけではありません。

たとえばアリゾナ州で生まれてアリゾナ州で出世するには、アリゾナ大学をトップで卒業するほうがよいという考えかたもあって、あえて東部のエリート大学をめざさない人もたくさんいます。

また、専門的な勉強は大学院でするため、大学からトップレベルを狙うとは限りません。まずは中レベル程度の大学に入ってそこですぐれた成績を修めてから、トップレベルの大学院に入る人もたくさんいます。留学する場合でも、日本の高校での成績があまり良くなくても、日本の大学あるいはアメリカの大学で良い成績をとってから、名門大学へ編入、あるいは名門大学院へ進学する道は開けています。

名門大学の種類

アイビーリーグ

名門大学の総称として歴史的に古く、そして最も有名なのがアイビーリーグです。以下の東部の8大学から成ります。

  • Harvard University
  • Brown University
  • Columbia University
  • Cornell University
  • Dartmouth College
  • Princeton University
  • University of Pennsylvania
  • Yale University

アイビーリーグという名前は、昔ながらのレンガ造りの学舎に絡まるツタ(アイビー)から由来すると言われていましたが、実はこれは誤りで、“IV(Inter-Varsityの略)”からきています。これは大学間のアスレチックリーグのことで、当時は上記の大学間で結成されているアスレチックリーグのことを“IV League”と呼んでいました。それをニューヨークのある記者が、故意か誤ってか“IVY League”と書いたため、この表記が浸透していったそうです。

セブンシスターズ

アイビーリーグの大学はいずれも、もとは男子校だったのですが、それに対する女子大学版として、セブンシスターズと呼ばれる以下の7大学があります。現在は男女共学になっているか、総合大学に吸収されているものもありますが、ほとんどは未だにレベルの高いリベラルアーツの女子大としてアメリカで知られています。

  • Radcliff College(現在はハーバード大学に吸収されています)
  • Barnard College
  • Bryn Mawr College
  • Mount Holyoke College
  • Smith College
  • Vassar College(現在は共学です)
  • Wellesley College

パブリック・アイビー

州立大学のうち、アイビーリーグと同じくらいレベルが高いといわれる大学を「パブリック・アイビー」と通称しています。

バージニア州の The College of William & Mary や University of Virginia、ノースカロライナ州のUniversity of North Carolina at Chapel Hill、カリフォルニア州のUniversity of California, Berkeley(UC Berkeley)やUniversity of California, Los Angeles(UCLA)などが、パブリック・アイビーの代表例です。

ミニ・アイビー

アイビーリーグに負けない質と内容の教育を実践している小規模の大学を、「ミニ・アイビー」とか「リトル・アイビー」と呼ぶことがあります。これらの大学はすべてリベラルアーツ・カレッジで、総合大学とは異なる独自の理念を掲げていますので、大学としては「ミニ・アイビー」と呼ばれることを敬遠することもしばしばあります。

マサチューセッツ州のAmherst Collegeやメイン州のBowdoin College、ペンシルバニア州のSwarthmore College、コネチカット州のWesleyan Universityなどがその代表例です。

アメリカの名門大学をめざすために

アメリカの名門大学には全米のみならず世界中から願書が寄せられます。留学生は「多様性に寄与する」という意味では歓迎されますが、数多くの出願者との競争の中で、志望する大学に「ぜひ入学させたい」と認められるのはなかなかたいへんなことです。

高校の成績がよいことは名門大学をめざすにあたっての最低かつ最も重要な条件です。TOEFL®テストやSAT®などで高いスコアを得ていることも重要になります。そのほかエッセイや推薦状を通じていかにユニークな人物であるかをアピールすることも大事です。課外活動についても、アメリカの大学は注目し、重視します。芸術の素養やスポーツでの活躍は、魅力的な素養としてプラスになります。

ひとまずはリベラルアーツ・カレッジなどに入学して、そこでよい成績を修め、英語力や勉強の方法(スタディスキル)を身につけてから、名門大学に編入するという方法もあります。大学院で名門大学を狙ってもよいでしょう。初めからなにがなんでも名門大学、と決めつけるのではなく、柔軟な進学のありかたを考えることが大切です。そして自分の能力に適した大学で力を発揮することのほうがアメリカでは重要だと考えられているということ、そのほうが結果的には名門大学への道が近づくことになるということも、あわせて心にとどめておきたいものです。

» 更に詳しくは「名門大学への留学」をご覧ください



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求