単位の移行

できるだけ多くの単位を移行するために

アメリカの大学への編入をめざす人にとって、それまで日本の大学で取得した単位がどれだけ認められるのか、また編入して卒業までどれだけの時間がかかるのか、ということが大きな関心事であることはまちがいありません。

アメリカの大学は「単位制」であるため、日本の大学で取得した単位も認めてくれますが、すべての単位が認められるというわけではありません。認められやすい単位もあれば、そうでない単位もあります。また単位というものはそれが独立して存在するのではなく、科目に付随するものですので、単位の認否にあたって注目されるのも「科目」にほかなりません。

ここでは、編入留学生みんなが気になる「単位の移行」について解説します。

  • 単位についての考え方
  • 認められる単位/認められない単位
  • より多くの単位を移行するために
  • 大学院進学を見据えて


  • 留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
    電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
    月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
    留学相談 資料請求
    留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
    電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
    月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
    留学相談 資料請求