音楽留学 - 大学タイプ別

リベラルアーツ・カレッジで学ぶ音楽

リベラルアーツ・カレッジは、ある一つの道のプロを育てるところではありません。人間としての土台を築くための幅広い知識や教養を養うのが、リベラルアーツ・カレッジのめざすところです。音楽は人の心を豊かにする、という考えかたから、「豊かな人間性」をはぐくむものとして音楽が位置づけられています。

音楽理論や音楽史を学び、演奏のレッスンを受け、アンサンブルに参加し、リサイタルで成果を発表する、というのが多くのリベラルアーツ・カレッジに共通するカリキュラムの内容です。大学によってはコンピュータ音楽や民族音楽の科目が必須になっています。

いずれにしても、幅広くさまざまなことを学び、プロのミュージシャンとしての技術を身につける、というよりも人間性を豊かにし、人生を彩ることが重視されます。クラスメイトも、そのすべてが音楽を専攻しているとは限りません。さまざまな専攻の、さまざまな学生と、勉強を共にします。異分野の学生との交流、というのも、リベラルアーツ教育においては大切なことです。

ほとんどのリベラルアーツ・カレッジでは、入学に際してオーディションが求められず、初歩から音楽を学べます。日本で小さいころから音楽に親しんできた人には物足りなく感じるかもしれませんが、リベラルアーツ・カレッジは少人数制の指導をしていますので、個々の学生のレベルや技術に応じた指導が得られるはずです。

リベラルアーツ・カレッジの中では、Oberlin CollegeのOberlin Conservatory of Musicが、音楽院として傑出した教育を行っています。

総合大学で学ぶ音楽

総合大学では、以下のいずれか、あるいは双方の学部に音楽学科が設けられています。

  • 一般教養学部:College of Arts and Sciences(CAS)
  • 音楽学部(School of Music)

また大学によっては教育学部内に音楽の課程が設けられていることもあります。

一般的にいって、音楽学部のカリキュラムのほうが、一般教養学部のものに比べて専門性が高く、狭く深く学ぶようになっています。一般教養学部の音楽課程はそれだけ、リベラルアーツ・カレッジのカリキュラムに近いといえるでしょう。入学にあたっては学部ではなく大学そのものに入学するのでオーディションも基本的には課されません。

総合大学内の音楽学部は、Conservatoryと名のつく場合もあります。こうした音楽学部は、音楽の専門大学に匹敵するレベルと内容の教育を行っていますが、それとあわせてリベラルアーツ教育に力を入れている大学も少なくありません。リベラルアーツ・カレッジに比べると、科目の数や種類、設備はより充実しています。大学そのものへの出願とは別に、音楽学部に入るためのオーディションが課されるのが普通です。

The Johns Hopkins UniversityのPeabody Conservatory of Music、University of HartfordのThe Hartt School、University of RochesterのEastman School of Musicなどがよく知られています。

専門大学で学ぶ音楽

音楽の専門大学は、いわゆる単科大学ですので、大学名にはCollegeかSchool、Instituteと付いています。また「音楽院」という意味でConservatoryと名の付く場合もあります。

音楽の専門大学の特徴は、「狭く深く」学ぶこと。プロのミュージシャンや演奏家としてやっていけるだけの知識と技術をしっかり身につけます。クラスメイトはみんなプロのミュージシャンの卵たちです。

音楽大学の多くは、大きなコンサートホールへのアクセスが便利な、またオーケストラを擁するような都会に位置しています。こうした都市には多くのミュージシャンや演奏家が訪れますし、ニューヨークなどには音楽に携わっている人がたくさん住んでいます。プロとして活躍しているミュージシャンがゲスト講師として頻繁に招かれ、プロの世界と接する機会が多いのが、音楽の専門大学の特徴です。

音楽の専門大学は、「音楽院と見なされる大学」と「専門学校の性格に近い大学」の二つのタイプに大別されます。

音楽院のほうは、伝統的なクラシック音楽を中心に学びます。The Curtis Institute of Music、The Juilliard School、Manhattan School of Music、New England Conservatory of Musicなどがその代表例です。これらの大学の中には、演劇やダンスを学べるものもあって、必ずしも「音楽だけ」を教えているとは限りません。

一方で、専門学校に近い特徴をもつ大学としては、Berklee College of MusicやMusicians Instituteが挙げられます。いずれもコンテンポラリー音楽の分野でよく知られていますが、とくに短期間の課程に人気が高い大学です。

音楽を学んで得られる学位

音楽にかかわる分野を専攻して、アメリカの四年制大学を卒業して得られる学位としては、以下の2種類に大別されます。大学によってこれらのうちいずれか一つの、または両方の課程を設けています。

  • Bachelor of Arts(BA)
  • Bachelor of Music(BM)
    • このうちBAは、音楽に限らず文系全般の専攻で得られる学位です。リベラルアーツ・カレッジや総合大学の中のCASで音楽を学ぶ場合の多くは、BAを得ます。

      BMを得られるのは、より専門性の高い課程で音楽を学ぶ場合です。音楽の専門大学では、BMの課程が多く見られます。

      一般的にいって、四年制大学を卒業するまでにとらなければならない単位数:120~130単位のうち、BAのプログラムではこのうち35~40%を音楽の科目が占め、BMの課程では50~60%以上を、音楽の科目が占めています。

      個々の大学のカタログやホームページでは、この学位の名前でカリキュラムが紹介されています。“Bachelor of Arts in Music Program”とか“Bachelor of Music Program in Piano Performance”とかです。学位の種類によって、その課程がより専門性が高いかどうかを推し量れますので、これを知っておくことは志望校選びにおいても役に立ちます。



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求