アメリカ大学編入プログラム



アメリカの大学は単位制ですので、日本の大学の単位も 60単位以内なら認めてもらえます(どんな単位が認められるのかについてなど、詳しくは個人留学相談でご相談ください)。


「交換留学では物足りない」「世界で通用する英語力とコミュニケーション能力をつけたい」「就職が有利」などの理由でアメリカの大学に編入する人が増えています。

栄 陽子留学研究所では、留学講演会や留学相談を通じて留学を決意された方々に、学校選びから編入手続き、合格後の手続きと事前準備、さらには授業準備までをまるごとサポートする『アメリカ大学編入プログラム』を用意しています。

このプログラムでは、一人ひとりに担当のカウンセラーがついて、留学する本人にとって最適の編入留学を実現するために、ていねいに留学指導をしています。

それによって安心して事前の勉強に専念でき、結果的に英語学校や語学留学などの回り道をせず希望の大学に直接編入し、時間も費用も節約できます。

※マンツーマンの個別指導ですので、実際の流れは個人により異なる場合があります。


この6つの段階を通して留学をトータルにとらえ、留学を希望する方を指導・サポートいたします。その結果として、入学率100%、卒業率90%以上という高い実績を保っています。

留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求

あなたにとって理想的な「編入留学」を実現するために

最近、日本の大学をやめてアメリカの大学に留学したいという人が増えています。せっかく合格した大学をやめることには大きな決断が伴いますが、アメリカの大学が日本の大学の単位を認めることや、英語力や国際性が身につくこと、さらに就職も有利になることなどのメリットが注目され、「編入留学」のニーズが高まっているのです。

「編入留学」を考える場合、これまでに取得した単位がどれだけ認められるのかによって、留学期間と費用が変わってきますから、できるだけ多くの単位を移行できるように、留学準備の方針を立てていくことが大切です。認められる単位が多ければ、それだけ留学期間も短くなりますから、費用の節約にもつながります。

また、日本の大学とアメリカの大学のシステムの違いを理解しておくことも重要です。とくに「入学はやさしいけれど卒業がむずかしい」といわれるアメリカの大学では、2学期続けて70点平均を割ると退学になってしまいます。したがって大学選びにあたっては合格の可能性だけでなく「卒業できること」を考えなければなりません。

4,000以上もあるアメリカの大学の中からふさわしい編入先を見つけ出すだけでも、考慮しなければならないポイントはいくつもあります。さらに日本の入試とまったく異なる出願プロセスや、より多くの単位を移行するためのノウハウなどを考えあわせると、「編入留学」の準備をすべて自力でやり遂げるのは容易ではありません。そこで、より望ましい、理想的な留学を実現するためには、しっかりした進路指導が欠かせないということになります。

留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求

大学選びから卒業までをトータルに指導します

栄 陽子留学研究所の「アメリカ大学編入プログラム」は、アメリカの大学への編入をめざす人のための、志望校選び・書類作成などの留学準備から、出願・入学手続き、単位移行、卒業に向けた準備に至るまで、「編入から卒業まで」をトータルにサポートする進路指導プログラムです。専任のカウンセラーによるマンツーマンの指導ですから、一人ひとりに最もふさわしい留学が実現します。

アメリカの大学は単位制ですので、ある大学から別の大学に編入することもごく当たり前に行われていますが、編入手続きのプロセス一切をこなすには、たいへんなエネルギーと時間がかかります。しかもこのプロセスを確実に踏まないと、編入してから「望んでいた環境と異なる」「単位がなかなか認められない」といった問題が生じかねません。

「編入留学」が1年生からの留学と異なるのが、たとえば60単位を認められれば「3年生として」留学生活がスタートすることです。つまりいきなり上級レベルの授業をとっていくことになるのです。ですから、渡米前にできるだけ留学の予行演習をして、大学生活の準備を整えておくことが大切です。「アメリカ大学編入プログラム」は、編入「後」から卒業に向けての指導も徹底します。

さらに、留学費用をできるだけ抑えるために、効率的な単位移行だけでなく、返済不要の奨学金獲得に向けたサポートも行います。「アメリカ大学編入プログラム」での奨学金獲得率は90%以上を誇ります。

日本の大学からアメリカの大学へと、まったく異なる環境に飛び込んでいくのは勇気のいることです。留学は、これまでの人生を一変させるだけの大きなインパクトをもたらすはずです。それだけに、卒業する頃には「チャレンジしてよかった!」と心の底から思えるに違いありません。あなたもぜひ、思い切って人生の舞台を変えてみませんか?



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求