大学のホームページにアクセス

最新の情報をホームページでチェック

大学カタログはそれぞれの大学のホームページで確認できます。Catalog とか Bulletin という項目がカタログに相当します。

大学のホームページも、大学カタログと同じく重要な情報源です。とくに最新の情報がアップデートされるのが早いのが、カタログに比べた場合のホームページの大きな特徴です。

大学のホームページは、大学カタログ同様に英語で書かれていますが、いずれも似たような構成になっているため、複数の大学のホームページを見ていくうちに必要な用語も自然に覚えられるようになります。一般的な大学のホームページの構成は以下の通りです。

About大学の概略、統計データ、学費
Admission入学要件、カタログ、オンライン願書
Academicsカリキュラム、卒業要件、講義概要
Student Life寮生活、行事、委員会・サークル活動、年間カレンダー
Athleticsスポーツチームの概要、試合スケジュール、勝敗表
Artsギャラリーなどの設備、演劇や展覧会の情報
Alumni卒業生への情報、同窓会案内、寄付金募集の案内

ホームページのチェックポイント

About

この項目では、その大学の概要がわかります。学長のあいさつ、大学の理念や歴史、統計データ、キャンパスマップ、就職先などが記載されています。

Admission

非常に重要な項目です。出願のプロセスや入学要件、提出書類などについて書かれていて、必要書類の書式もダウンロードできるようになっています。大学によっては、1年生として出願する場合(Freshman Admission)、編入生として出願する場合(Transfer Admission)、大学院生として出願する場合(Graduate Admission)、留学生として出願する場合(International Admission)の別に入学要件を記載しています。

Academics

カリキュラムの概要です。卒業までとらなければならない必須科目や、選択できる科目、個々の学科(Department)や科目(Course)についての概要もここで見いだせます。とくに編入留学の場合は、日本の大学で学んだ科目が、アメリカの大学のどの科目に相当するのかを判断できる材料がここに記されていますので、しっかりチェックしたい項目です。

キーワードはComfortable and Challenging

めざす大学を絞り込んでいくにあたって考慮したいのが、その大学が自分にとってComfortable and Challengingであるかどうかということです。

Comfortableとは「居心地がいい」ということ。自分にとって落ち着いて勉強しやすい環境であるかどうか、ということです。リラックスして、自分らしく充実した大学生活を楽しめる、そんな大学が望ましいことになります。

Challengingとは「やる気を起こさせる」ということ。勉強に、課外活動に、つねに刺激を受けながら打ち込んでいけるかどうか、ということです。すこし背伸びをするくらいの環境が望ましいということになります。



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求