アメリカ大学編入留学のためのカウンセリングの重要性

編入留学に欠かせないカウンセリング

アメリカの大学生は、別の大学への編入を準備する際に、大学のアカデミック・アドバイザーの指導とアドバイスを受けます。定期的にアドバイザーと会って、編入すべきか否かを含めて、自分にとってふさわしい進路を探っていくのです。またアメリカの高校には進路指導の専門のカウンセラーがいて、大学進学の全般にわたって指導しています。

こうしたアドバイザーやカウンセラーは、たとえば以下のような相談を受け、指導します。

  • 進学準備スケジュールのたてかた。タイムマネジメントについて
  • 大学でどんな科目をとっておくべきか
  • 単位の移行について
  • 「自分らしさ」とは何か。どんな点を大学にアピールすればよいのか
  • 進路について親と意見が異なるがどうすればよいか
  • 学業と課外活動の両立について
  • エッセイのトピックについて
  • 志望校選び
  • 合格の可能性を高めるにはどうすればよいのか

このように進学プロセス全般にわたって、アドバイザーやカウンセラーがふさわしい進路へと導いていきます。編入希望者たちは、彼らと二人三脚で準備を進めることで、方向性を見失わずに、またスケジュールから遅れることなく、自分にとって適した進路を歩んでゆけるのです。

日本の大学生にも不可欠なカウンセリング

アメリカの学生ですらも、進路指導を受けながら編入の準備を進めていくのですから、日本の大学生や社会人がアメリカの大学に編入留学するにあたっては、なおのこと、カウンセリングは欠かせません。留学に力を入れている大学などでは、専門の進路指導の先生から指導と助言を受けられるでしょうが、そのような環境がなければ、自力でまったく手さぐりで準備を進めなければならず、適切な大学選びもままならず、留学の失敗にも結びつきかねません。親御さんの心配も大きいでしょう。

アメリカの大学への編入を考えはじめたら、まずは親子そろってのカウンセリングを受けることをお薦めします。

栄 陽子留学研究所の留学相談(カウンセリング)については、下記のページをご覧ください。

» 留学相談



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求