アメリカ大学(編入時)、1日のスケジュール

アメリカの大学生の典型的な1日

アメリカの大学生はどのような日々を過ごすのでしょうか。ある留学生の、典型的な1日を見てみましょう。

7:00 起床
だれも起こしてくれませんので、自力で起きます。寮のあちこちの部屋で目覚まし時計の音が鳴っています。
7:00~7:30 身支度、シャワー
朝にシャワーを浴びるのがアメリカでは常識です。湯船につかる習慣はありません。
7:30 朝食
寮とは別の建物にあるカフェテリア(食堂)で朝食をとります。だいたいトーストかベーグルと卵、ベーコンといったかわりばえのしないメニューです。
8:00~8:50 授業(スペイン語)
小テスト(Quiz)に始まって、新しい文法と会話を習います。アメリカ人学生も初心者ばかりですので、留学生でもついていきやすい科目です。
9:00~9:50 授業(心理学)
抜き打ちの小テスト(Pop Quiz)が行われます。問題は口頭で述べられるので、けっこうたいへんです。
10:00~12:00 フリー
午前中に授業のない時間は、午後の授業の予習をしたり、メールやインターネットをしたり、ルームメイトとおしゃべりしたりして過ごします。
12:00 昼食
ルームメイトと連れ立ってカフェテリアで昼食です。サンドイッチとスープが定番。
13:00~13:50 授業(生物学)
ビデオを見て、理論を学びます。
14:00~15:30 実験(生物学)
授業で学んだ理論をもとに実験を行います。実験結果はすぐにPCに入力して、データを分析します。
16:00~17:30 部活(サッカー)
アメリカはサッカーはあまりポピュラーではないので、日本人留学生でも活躍できます。スポーツを通じて友達も増えます。
18:00 夕食
やはりカフェテリアでとります。朝・昼・夕すべて食べ放題なので、食べ過ぎには注意しなくてはいけません。
19:00~21:00 フリー
部屋でルームメイトとテレビを見ます。20時にはジムに行ってワークアウト。
21:00~23:00 勉強
図書館で勉強。部屋でするよりも集中できます。もちろんネット環境も整っています。
24:00 就寝

アメリカの大学生活は、以上のように、寮と教室と図書館と食堂を行き来することに明け暮れます。生活が単調であるだけ、落ち着いて勉強に励めるともいえますが、都会的刺激に慣れている日本人留学生にとっては、このシンプルな生活に慣れるまではたいへんかもしれません。授業時間だけを見ると少ないようにも感じますが、宿題に追われる日々を送ることになります。



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求