大学編入留学の魅力

アメリカの大学に編入するということ

アメリカでは大学を変わるのはあたり前の考え方です。

例えばA大学へ入学し、B大学へ編入し卒業したとします。日本ではたいてい入学した大学が学歴となりますがmアメリカでは卒業した大学を学歴としています。

したがってアメリカでは「どこの大学に入学したか」ではなく、「どこの大学を卒業したか」が問われるのです。

例えば、オバマ大統領は Occidental College(カリフォルニア州 4年制リベラルアーツカレッジ)から Columbia University に編入して卒業。この場合オバマ大統領は Columbia University 出身ということになります。

アメリカでは編入のことを transfer と言います。日本のように短大を卒業して 4大に編入すると言うことではなく、A大学からB大学へ単位を移すという考え方です。

アメリカの大学は単位制で(たいていは120単位)卒業に必要な単位数を取得すれば卒業で、その時間が3年半でも4年でも5年でも構いません。

また、120単位のうち60はアメリカのみならず世界中のどこの大学から持ってきてよいという考えです。前の大学との専攻が違っても(例えば物理から音楽に変わっても)何の問題にもなりません。

そのようなわけで、近年日本の大学を中途でやめアメリカの大学へ編入するケースが増加しています。

大学編入留学の目的

日本の大学生の8人に1人が大学を辞めるという時代です。大学に入ることそのものが目的で入学後に大学にいる目的を見失う人が多いように思います。

編入を考えているのは次のような気持ちを抱いている人たちです。。

  • 日本の大学に入学したけれどやる気をなくしてしまった。もう一度がんばってみたい。
  • 勉強に集中することなく過ぎていく日々に疑問を感じた。
  • 今まですべてのことに何となく無気力だったが、もう一度奮起したい。
  • 選んだ専攻が自分に合っていない。本当に自分が好きなことを勉強したい。
  • このままの自分で社会に出るのが不安。もっと強い自分に変わりたい。

また、日本の大学を卒業して社会に出てからもう一度アメリカの大学で自分の好きな事をやってみたいと思う人もいます。

これらの目的の底にあるのは「自分の可能性を広げたい」「自分に自信を持ちたい」ということです。

アメリカの大学でアメリカ人と一緒に授業を受け寮生活をする、という厳しい環境に飛び込むことによって、新しい自分の可能性が生まれるのではないか、という期待が一番大きいのです。

そして、留学を終える頃には、一人で自分の人生を切り拓いていけるという自信を持てるようになります。

まずは留学相談で進路の可能性を見つけてください

自分の成績やバックグラウンドそして英語力にはどの留学方法が最も適しているのか、そしてどのような大学への可能性があるのか、自分ひとりではなかなか判断しづらいものです。

栄 陽子留学研究所の留学相談では、大学の成績、英語力、そしてバックグラウンドなどをお伺いしながら、ひとり一人の可能性、留学への次のステップとして何をしなければならないのか、また日本にいる間に少しでもレベルアップを図るために何をすればよいのか、などをアドバイスします。

栄 陽子留学研究所のマン・ツー・マンによるカウンセリングを通して留学の可能性を探ることから、あなたの編入留学準備が始まります。



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求