カウンセリングの重要性

進路指導に欠かせないカウンセリング

アメリカの高校に進学するにあたっては、きちんとした進路指導(カウンセリング)を受ける必要があることはいうまでもありません。卒業を目的とした留学の場合、留学期間も2~3年と長くなり、留学する本人の将来に大きな影響を及ぼします。したがってカウンセリングでは、「入学する」ことだけを考えるのではなく、長い教育の中で留学を位置づけ、留学する本人の人生にとって最も望ましいかたちでの留学の実現を考えなくてはなりません。

とくに高校留学の場合、大学・大学院留学と異なり、留学する本人が幼いため、保護者に対するカウンセリングも、とても重要になります。また大学留学に比べると、高校留学についての情報は、出版物やインターネットでも多くありませんので、進学準備といっても何から始めてよいのか見当がつかないこともあるでしょう。カウンセリングを受けることによって、留学の道筋が描けるようになるばかりでなく、誤った情報や偏りのある情報に戸惑うこともなくなるはずです。

教育の選択肢としての留学

アメリカの高校教育は、子どもたちを大自然にあふれた環境の中におき、その中で強い自立心をはぐくみます。子どもたちは寮生活を通して、親離れをし、自分のことには責任をもつことを学び、主体的に物事を考えるようになるのです。お子さんを、若いうちから留学させようと考えるお父さんお母さんは、アメリカ高校留学に、こうした教育を期待されていると思います。

今日では、留学も教育選択の一つであって、昔のように夢ではなくなってきています。日本の高校へ行くか、アメリカの高校へ行くかを真剣に悩む時代ではなく、冷静に一つの選択肢として、留学を選べる時代になりました。

留学には、本人の意思と努力が大切ですが、ご家族の理解と協力なくしては実現できません。どのご家族にも、それぞれの家族の歴史や教育に対する価値観といったものがあります。ただやみくもに行かせるか、行かせないかを迷うより、まず、留学の現状をよく知ることが大切です。この意味においても、カウンセリングを受けることで道が開けていくはずです。

アメリカの高校への進学を考えはじめたら、まずは親子そろってのカウンセリングを受けることをお薦めします。

栄 陽子留学研究所の留学相談(カウンセリング)については、下記をご覧ください。

» 留学相談



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求