スクールカタログを読む

その高校について知る最適の資料

スクールカタログは、各高校が発行している学校案内書のことです。毎年あるいは2年に1回くらいのペースで刷新されます。いまではそれぞれの高校のWEBサイトでオンラインで読めるようになっています。スクールカタログの簡易版をViewbookといいます。

カタログといっても数10ページから100ページを越すくらいの厚みがあるもので、その高校について知っておくべきあらゆる情報が載っています。

スクールカタログには、

  • 高校の理念・歴史
  • 年間のスケジュール
  • カリキュラム
  • それぞれの科目の講義要綱
  • 成績評価のしかた
  • 卒業するための要件
  • 停学・退学になる条件
  • 教員・職員の紹介
  • 課外活動

など、その高校について知っておきたいすべてのことが網羅されています。これを読めばその高校の全貌がわかるだけでなく、複数のスクールカタログを読み比べることで、志望校選びの指針をたてることができます。実際にアメリカまで行ってキャンパスを見学することがなかなかできない留学生にとって、アメリカの高校を知る大きな手がかりになるものです。

スクールカタログを読むことで英語力もつく

スクールカタログはすべて英語で書かれています。読み慣れないうちは戸惑うことも多いかもしれませんが、自分の興味があることや、好きなこと・心が惹かれることは、自然と読めるようになっていきます。英語「を」学ぶのではなく、英語「で」学ぶ第一歩を、スクールカタログを読むことで踏み出すことになるのです。

いくつかのスクールのカタログに目を通していくうちに、重要なポイントを探し出し、その項目を重点的に読み、それほど重要でないと思われる事項についてはしっかり読まなくても大丈夫だというように、読むコツを習得するようになります。これは実際にアメリカの高校に入ってから教科書を読むときにも役に立つ読書法です。つまりスクールカタログを読むことは、高校生活の予習にもつながるのです。

スクールカタログは楽しく読もう

多くのボーディングスクールのカタログは、だいたい同じパターンで書かれています。一般的に、前半は写真が中心で、後半は授業やカリキュラムについて紹介されています。そしてその学校がアピールしたいことについては、とくにページが割かれて詳しく解説されています。「○○さんの1日」みたいなコーナーがあって、ボーディングスクールならではの生活の臨場感が味わえます。

ボーディングスクールのカタログは、概して写真が満載です。美しいキャンパスと学校生活のさまざまな局面が、とてもよく伝わってきます。ページを繰るだけでも、心がワクワクしてくるはずです。留学準備にあたってとても大切なスクールカタログですが、あまりむずかしく考えないで、楽しく読むことを心がけましょう。

高校のホームページにアクセス

志望校を絞り込むにあたってのもう一つの重要な資料が個々の高校のWEBサイトです。もちろんすべて英語で書かれていますので、ちょっと手に負えないと思うかもしれませんが、それほど心配しなくて大丈夫。だいたいどのボーディングスクールのサイトも似たような構成になっていますので、いくつかの学校のサイトを見ていくうちに重要なポイントが見えてきます。

一般的なボーディングスクールのWEBサイトの構成は以下の通りです。

  1. About (At a Glance, Fast Facts, Our Heritage) 学校の概要、沿革、施設、学費等
  2. Admission (For Applicants) 入学要件、カタログ請求、オンライン願書等
  3. Academics カリキュラム、卒業要件、授業概要等
  4. Student Life (Campus Life) 学業生活、寮生活、年間行事等
  5. Athletics (Sports) スポーツチームの概要、試合スケジュール・結果等
  6. Arts ギャラリーなどの設備、演劇や展覧会の情報等
  7. Alumni 卒業生への情報、同窓会の案内等

ホームページのチェックポイント

まずAboutで、そのボーディングスクールの概要をつかみます。校長先生のあいさつ、学校の理念や沿革、キャンパスの設備、進学先などが記されています。

Admissionは入学についての要件が記載されています。とくに留学生を対象としたページが設けられていることもあるのでしっかりチェックしましょう。オンライン願書の提出もこの項目内で行います。

Academicsはそのボーディングスクールのカリキュラムの概要です。ボーディングスクールはそのすべてが大学進学校ですから、いずれもしっかりしたカリキュラムが組まれています。いくつかのボーディングスクールのカリキュラムを調べていけば、だいたいどんな科目が必修科目になっているのかがわかるようになるでしょう。



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求