アメリカ高校での宿題

宿題は予習を兼ねる

アメリカの高校の宿題は、授業の予習を兼ねています。「次の授業までに教科書の○章を読んでおくように」などと授業ごとに宿題が出されます。授業は、宿題として読んできた内容をもとに、生徒たちが意見を交わすディスカッションによって進行します。

アメリカの高校生活における宿題の大部分は、この「読む宿題(Reading Assignment)」です。一つの科目について、毎回の授業で出される「読む宿題」の量は20~50ページくらいです。かなりの分量です。とくに英語(国語)と歴史の予習の量はたいへんなものです。反対に、数学や外国語、アートなどの科目はリーディングはそれほど多くありません。時間割を組むにあたっては、リーディングが多い科目とそうではない科目をバランスよく組み合わせることが大切です。

教科書を読むコツ

留学生にとって、リーディングの宿題ほど泣きたくなる宿題はありません。効果的な教科書の読みかたを身に付けられるとよいのですが、それほど簡単に身に付くものでもありません。

一般的には、ある章を読むことが宿題として出された場合、頭から読むのではなく、章全体の構成を把握してから読むことがコツとされています。アメリカの教科書は、章ごとに“Chapter Summary”といってその「章のまとめ」が箇条書きされていますので、まずこのSummaryを読み、そして章全体にざっと目を通し、太字や大きな文字、図、写真、グラフなどから、章全体の構成を把握します。そのうえで全体を読むにあたっては重要だと思われる箇所を重点的に読むようにします。この「飛ばし読み(Skimming)」ができるようになれば、教科書を読むコツを身に付けたといえるでしょう。

また日本語で理解していないことを英語で理解するのはとても大変ですので、まず日本語で知識を得ておく、というのも遠回りのようですが効果的な読書法です。インターネットを活用して、教科書に書かれている内容に相応する日本語のサイトに目を通しておくことで、教科書の内容も頭に入りやすくなります。英米文学のクラスなどで読むものは、日本語訳のものを用意しておくといいでしょう。



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求