アメリカ高校、1日のスケジュール

シンプルな生活

ボーディングスクールではシンプルで規則正しい生活を送ります。平日の日中および土曜の午前中は授業、午後3時くらいからはスポーツなどの部活動、夕食後は「スタディホール」という自主勉強を繰り返すことの日々が続きます。週末はさまざまな学校行事に参加します。

単調ではありますが充実した毎日で、「夜、寝るときにはグッタリ」というのが留学生たちの共通した実感です。自由時間はありますが、キャンパスの外でアルバイトをしたり夜遊びをすることはできません。といって息苦しさを感じることはなく、緑豊かで広大なキャンパスには、クラスメイトや先生たちと交流しながら伸び伸びと勉強やスポーツに打ちこめる環境が整っています。

ボーディングスクールの1日

ボーディングスクールでの留学生活における、オーソドックスな1日をご紹介しましょう。

                   
6:30~7:00 起床
シャワーを浴び、支度します。日本のように湯船につかる習慣はありません。
7:00~7:50 朝食
トーストやベーグル、卵とベーコンなど、毎日似たようなメニューです。学校によっては朝食の前後に点呼や礼拝が行われます。
8:00 授業開始
1科目につき授業時間は45~80分くらい。午前中に3、4科目を受けます。授業と授業の合間は5~10分で、みんな教室を移動するのに大わらわです。必ずしも授業でビッシリ1日が埋まるわけではなく、1~2時間の空き時間がある場合もめずらしくありません。そんなときには自分の部屋に戻って昼寝したり、授業の予習をしたり、インターネットをしたりして過ごします。
12:10 昼食
先生も一緒に食堂で食べます。メニューはサンドイッチやスープ、サラダなどです。だいたいどこの学校でも、11:00~13:30くらいをランチタイムとしているので、その時間内であれば自分の都合に合わせて食事がとれます。
13:00 授業再開
午後も時間割に応じて授業を受けます。授業がなければ自由に過ごしてかまいません。午後の授業は14:00~15:00くらいに終わります。
15:30~17:00 スポーツ
だいたいどこのボーディングスクールでも、放課後のスポーツ参加を必須としています。他校との試合の機会もたくさんあって、めざましい活躍をした生徒は表彰されます。
18:00 夕食
ランチ同様、先生も生徒もそろって食堂で夕食をとります。学校によっては1~3週間おきにFormal Dinnerといって、決められたテーブルに先生とその家族、そして何人かの生徒が席をともにして、正装して食事をとります。
19:30~21:30 スタディホール
スタディホール(Study Hall)とは、決められた自習時間のことです。学校によってみんなが一室に集まって自習する場合と、各自の部屋や図書館でする場合とがあります。自習とはいえ、「強制的な勉強」の時間です。もちろん先生はきちんと見回りします。
22:00 チェックイン
すべての寮生が寮内にいることを確認します。
23:30 消灯
学校によって消灯はあったりなかったりします。留学生の多くはスタディホールだけでは勉強が終わらず、自室で深夜まで勉強することが多いようです。


留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求