編入留学相談:準備について

いつから準備すればいいの?

日本の大学から編入留学をする場合は、3月で大学の年度を終えて同年の9月に編入するのが一般的です。そのためには前年の夏~秋くらいから準備をスタートさせましょう。

日本からアメリカの大学に留学する場合、日本の高校を3月に卒業して、その年の9月に入学するのが一般的です。出願期間は大抵の場合1~3月になっています。

そのため、1~3月の出願に向けて願書や他の提出書類を準備することになりますが、例えばエッセイなどは思いつきで書けるものでありませんし、書くべきでもありません。推薦状にしても、だれに何を書いてもらうのかよくよく検討しなければなりません。推薦状を書くよう頼まれた方も1日~2日では書くことが出来ないでしょう。つまり出願書類の作成にはかなり時間がかかります。またじっくり時間をかけるべきです。そうだとすれば9月入学に向けての準備をスタートさせるのは前年の夏~秋くらいが望ましいことになります。

『出願期限までに間がないがなんとかその年に出願したい』、などという場合はご相談ください。

留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。