編入留学相談:編入試験について  

大学の編入試験ってどんなもの?

アメリカの大学には「入試」はありません。つまり、一回のテストで合否を決めるのではありません。その代わりに編入希望者にさまざまな書類を提出してもらい、その情報をもとに多面的・多角的に時間をかけて審査します。

最も大事なものが高校や大学の成績ですが、それ以外にも英語力テスト(TOEFL®テスト)や基本学力テスト(SAT®)のスコア、願書や本人が書くエッセイの内容、先生からの推薦状、その他サークルや地域活動など、編入希望者の適性を多面的に判断されます。大学によっては面接もあり、その大学の教育理念に見合った人材かなどもチェックされます。日本でいうところの推薦入試というイメージでしょうか。

入学審査を行うのはアドミッションズ・オフィス(Admissions Office)とよばれる部署。一人ひとりの出願者について丁寧に審査を行い、フェアに入学生を選んでいきます。

では、書類は具体的にどう書けばよいのか、自分の行きたい大学に入るにはどの程度の英語力テストのスコアがあればよいのか、推薦状にはどのようなことを書いてもらえばよいのか。疑問をお持ちの方、不安な方は留学相談で納得がいくまで聞いてみてください。

留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。