高校留学相談:準備について 

いつから準備すればいいの?

入学の1年前くらいから留学の準備を始めるのが理想的です。9月にアメリカの高校に入学する場合、中学3年生の夏休みから2学期の始めくらいのスタートです。

遅くとも入学の半年前には準備を開始します。出願書類を揃え始めるのは秋頃からです。12月までに志望校を絞り込み、どの高校に出願するかを決めます。願書などの必要書類を送るのは翌年1月からです。出願の期限は、早いところでは1月10日くらいですが、最も多いのが2月1日で、その後3月まで続きます。定員に空きがあるうちは出願を受け付ける“Rolling”というシステムをとっている高校もあります。

合否が出るのは3月中旬くらいです。遅いところでも3月までに願書を出しておけば、4~6月には合否が決まります。

高校選びについては、客観的な情報に基づいて留学生本人にとって最適な学校にすべきです。安易に留学エージェント(留学の斡旋会社)などが勧める提携校へ進んだり、自身の体験のみで語る留学経験者のアドバイスに盲目的に従ってはいけません。高校留学は本人の一生を左右するほど大事なもの。私たちはアメリカ進学指導の専門家として、あくまでも本人の意志と状況に合わせたベストな選択肢を提案します。じっくりと学校選びや準備に時間をかけられるように早めのスタートをお勧めします。

留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。