高校留学相談:英語について 

英語はどのくらいできればいいの?

留学の許可をもらうのに必要な英語力はTOEFL®テストなどの英語試験の結果で判断されます。高校留学に必要なTOEFL®テストのスコアは30~35点が目安です。

アメリカの高校に留学するにはまず日本の中学校で習った英語の基礎をしっかり身につけておくこと。中学校で学ぶ英語は文法も含めて英語の基礎となるものです。中学校の教科書を繰り返し読み、復習を重ねることが欠かせません。そうすれば、アメリカの高校での授業にもついていけます。

授業で問われるのは英語力そのものではなく、その科目についての自分なりの考えかたです。英語があまり得意でなくても、やる気を示すことが評価されます。アメリカの高校は少人数制ですので、英語が母国語でない留学生へのサポートはきめ細かく、とても行き届いています。 英語のせいで留学が失敗することはありません。大切なのは英語力の不足をカバーするための前向きな姿勢と行動力です。

当研究所の留学相談では英語の勉強の仕方や留学へ臨む心がまえなどについてもアドバイスを行っています。

留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。