大学院留学相談:成績について

大学の成績はどれくらい必要か?

大学の成績は合否を決める最も重要な要素です。大学院に進学するためには、GPAという成績評価法で最低でも3.0以上の成績を修めている必要があります。

GPA評価では、日本の大学の優・良・可がそれぞれアメリカの大学のA、B、Cになります。そして、A、B、Cそれぞれに 4.0、3.0、2.0のポイントが割り当てられ、それぞれの科目の単位数とポイントをかけて、その結果の合計ポイントを科目数で割った値がGPAの値になります。

GPAが3.0を下回っている場合でも大学院進学が不可能と決まったわけではありません。推薦状やエッセイといった、成績以外の要素が優れていればまだ可能性があります。また、一旦アメリカの大学に編入して、大学院で学ぶ分野の基礎となる科目を取って良い成績を修めたてから大学院にチャレンジするという道もあります。

GPAの算出方法について、あるいはご自分の大学の成績で大学院留学が可能なのかどうかについてなど、お聞きになりたいことがある方は当研究所のカウンセラーにご相談ください。

留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。