大学院留学相談:英語について 

英語はどのくらいできればいいの?

アメリカの大学院に進学するにあたっては、TOEFL®テストのスコアの提出は必須で、一般に 80点以上が必要とされています。

そもそもTOEFL®テストのスコアで最低でも61点くらいないと、GRE®(大学院進学者のためのテスト)やGMAT®(経営学専門の大学院に進学する人のためのテスト)を受けること自体が難しいでしょう。修士号を取得する大学院への進学を考えるならば80点以上のスコアが望ましいといえます。

ただし、このTOEFL®スコアのみで合格・不合格が決まるわけではありません。大学の成績やエッセイ、推薦状やバックグラウンドなど、さまざまな要素が総合的に考慮され合否の判断がなされます。大切なことは、出願する大学院に「ぜひ学生として迎え入れたい」と思ってもらうように自己アピールすることです。

英語のエッセイや推薦状を作成・提出するための具体的なポイントやノウハウについては留学相談でお聞きください。

栄陽子留学研究所のアメリカ大学進学プログラムでは、留学前に英語に慣れるために、インターネットで公開されている英語での講義を、生徒のレベルに合わせて受講するよう指導しています。また、自分の行く予定の大学の授業を前もって調べ、その授業の予習を「日本語」で学ぶ指導も行い、渡米後に授業についていけなくなることのないように万全の対策を行っています。

留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。