大学院留学相談:選考について

大学院の選考はどんなものか?

アメリカの大学院の入学審査は書類審査が主で、場合によって面接があります。大学の成績、エッセイ、課外活動、推薦状、テストスコアなどさまざまな観点から評価が行われます。

じっくり時間をかけて、一人ひとりの出願者を複数の観点から総合的に評価します。多角的で丁寧な審査をすることによって、個々の出願者の魅力や人間像をきちんと捉えようとします。

アメリカの大学・大学院は多様性とバランスを重視しています。その大学を卒業した学生を優先的に大学院に進学させるということはありません。授業はディスカッションを中心に展開されますので、できるだけさまざまな価値観や意見、バックグラウンドをもった学生を入学させ、ディスカッションを活発にさせようと考えます。そのため、テストや成績といった数字だけではなく、エッセイや推薦状などからにじみ出る人間性や個性に注目するのです。

書類は具体的にどう書けばよいのか、自分の行きたい大学院に入るにはどの程度の成績や英語力テストのスコアがあればよいのか、エッセイや推薦状にはどのような内容を盛り込めばよいのか。疑問をお持ちの方、不安な方は当研究所にご相談ください。

留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。